藤田助産院.jpg宮崎市内に一軒だけという助産院「藤田助産院」。藤田さんの温かい人柄と助産院のアットホームな雰囲気は、妊婦さんやその家族にとって心強い存在だ。医療に偏りがちなお産の現場で、人間本来が持つ産む力を信じ、妊婦が主体のお産を目指して様々な社会活動にも取り組む藤田さんにお話を伺った。

宮崎市生涯学習課.jpg宮崎商業高校北側の宮崎市祇園1丁目に「宮崎西地区交流センター」が建設され、4月1日の本格的な始動に向けて現在、着々と準備が進められている。従来の公民館機能に児童センターの機能を複合させた交流センターで、地域づくりの拠点として期待が高まっている。宮崎市生涯学習課の西田たみ子課長にお話を伺った。

 

学校法人宮崎学園.jpg

受験シーズン真っ只中。女子短の愛称で親しまれてきた「宮崎女子短期大学」も今年の春から男女共学になり、「宮崎学園短期大学」に校名が変わる。また「宮崎」は英語教育がしっかりしている大学としての評価が高く、安定した人気を保っている。宮崎学園の理事長で、宮崎国際大学の学長も兼務し、工学博士として研究者としての側面も持つ大坪理事長にお話を伺った。

宮崎大学 住吉学長.jpg

宮崎大学 学長 住吉 昭信 氏に聞く。

宮崎大学 高崎眞弓 病院長.jpg
―まず宮崎大学医学部附属病院の簡単なご紹介を。

髙崎 本院は、医師養成教育機関として昭和5410月に開設され、平成6年に本県唯一の特定機能病院の指定を受けた中核的な医療機関です。現在、18の診療科とそれらをサポートする約20の中央診療施設があり、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、診療情報管理士など約1000人の職員が診療を支え、時と共に変わる疾病構造の変化にも適切に対応できる体制を整えております。

中央保育園.jpg少子化に伴い、保育園や幼稚園にとっては依然として厳しい経営状況が続いている。こうしたなか、宮崎市の社会福祉法人宮崎福祉会・中央保育園では、様々な工夫を凝らしながら独自色を出して、時代に即した多様化するニーズに対応できるように保育内容を充実させている。 さらにこの度、園舎を増築し、飛躍的に保育環境も向上させるなど注目を集めている。 今回は、園と家庭と地域とが連携を図りながら、地域社会に開かれた保育園を目指している同園の穂積ユリ子園長に話を伺った。
なかよしタイトル.jpg
少子化に伴い、保育園や幼稚園にとっては依然として厳しい状況が続いている。こうしたなか、社会福祉法人協和福祉会なかよし保育園(えびの市=玉村キクエ園長)では、様々な工夫を凝らしながら独自色を出して、多様化するニーズに対応できるように保育内容を充実させている。 今回は、家庭と園と地域とが連携を図りながら、地域社会に開かれた保育園を目指している同園を紹介する。
右脳教育の第一人者、「七田 真」の子育て教育法、「七田チャイルドアカデミー」の幼児教室は、全国450の教室を展開し、8万人弱の生徒を持ち、熱心な「七田ファン」も多い。心の発達を一番大切に考え、子供本来の「遊び」の要素をふんだんに取り入れたオリジナルプログラムを使って、無理なく、楽しみながら育てていく事を目的としています。宮崎教室にも140名、南宮崎教室に30名の子供たちが学んでいる。

このアーカイブについて

教育・育児カテゴリ

前のカテゴリ:健康・医療

次のカテゴリ:住まい・暮らし

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30