日本コンタクトレンズ.jpg

全国で15001800万人もの使用者がいると言われるコンタクトレンズ(日本眼科学会調べ)。これを初めて国内で臨床的に開発したのが日本コンタクトレンズ(通称:ニチコン)の創業者水谷豊氏です。その創業者魂を脈々と受け継いできたニチコンの製品、実は全て宮崎県で作られています。今日はそんなニチコンの宮崎工場工場長の安藤公洋さんと、宮崎第二工場の内田益太郎さんにお話を伺ってきました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30