神崎建設工業.jpg
建設業不振が伝えられる中、「社会に貢献する企業」を経営理念に掲げ、平成2年の創業以来、着実に業績を伸ばし、賃貸住宅建築戸数県内トップを快走している企業がある。 神崎建設工業(株)は、鉄筋コンクリート造りの永住型賃貸マンション「ユーミーマンション」を平成8年度から事業展開の中核に据え、この11年間に県内で183棟を建設。その平均入居率は98.47パーセント(平成19年4月現在実績)と驚異的な数字を維持し、宮崎県内では賃貸住宅建築戸数トップ。今年度の3月期決算では、売上高35億8千800万円を達成した。
その躍進の秘訣とユーミーマンションの魅力を、創業者である神崎 義世(かんざき のりとし)社長にお聞きした。
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30