農機good

| コメント(0) | トラックバック(0)
ブログ_農機GOOD.jpg
農機good ←クリックするとホームページに飛びます。
0626マーサ美容.jpg
マーサ美容研究所 ←クリックするとホームページにとびます。
株式会社フクマツ.jpg
創業以来およそ40年に亘り、石油・ガス・電気・太陽熱温水器の施工、メンテナンスをはじめ、台所・浴室・トイレなどの水まわりのリフォームなど幅広く事業を展開している(株)フクマツ―。

今回は地域に密着し、経験豊富なスタッフが多様化する顧客ニーズに迅速かつ的確に対応している同社の福松修一郎社長に話を伺った。

アルカーサルビエントス.jpg 南宮崎駅から西へ1分の交通アクセスの良い場所に地中海を思わせるような邸宅「アルカーサル ビエントス」がある。ブライダルの風を興すという意味合いで名付けられており、街の風景にもすっかり溶け込み落ち着いた雰囲気だ。「おもてなしの心」を大切に、今話題の貸切型の結婚式場として人気を集める「アルカーサル ビエントス」の上牧雅子総支配人にお話を伺った。

アービスホーム谷口正博社長.jpg

宮崎市旭1丁目にある「アービスホーム」 は創業11年。一般木造在来工法およびポスト&ビーム工法・ツーバイフォー工法等による新築住宅事業、ログハウス・ドームハウス等のビッグフット事業・増改築などのリフォーム工事事業、その他住まいに関する全ての業務を行っている。「アービスホーム」では、住宅のデザインに普遍性を求め、永年住み続けていく中での満足感と快適性を大切にしている。社員の平均年齢も27歳と、勢いのある会社だ。明るくパワーのある谷口社長にお話を伺った。

平吉廣年社長.jpg
宮崎市の高千穂道に位置する「睦屋商事」は不動産のデパートとして、創業45年、宅地開発、住宅建設、分譲、マンション、中古物件、賃貸管理に至るまで宮崎の街に信用を築く地元企業として、お客様のあらゆるニーズにお応えできるよう、常に新しい時代の住環境を提案し続けている。総合不動産業の「睦屋商事」、「睦屋ホーム」の代表である平吉社長に45年を振り返ってお話を伺った。
神崎建設工業.jpg
建設業不振が伝えられる中、「社会に貢献する企業」を経営理念に掲げ、平成2年の創業以来、着実に業績を伸ばし、賃貸住宅建築戸数県内トップを快走している企業がある。 神崎建設工業(株)は、鉄筋コンクリート造りの永住型賃貸マンション「ユーミーマンション」を平成8年度から事業展開の中核に据え、この11年間に県内で183棟を建設。その平均入居率は98.47パーセント(平成19年4月現在実績)と驚異的な数字を維持し、宮崎県内では賃貸住宅建築戸数トップ。今年度の3月期決算では、売上高35億8千800万円を達成した。
その躍進の秘訣とユーミーマンションの魅力を、創業者である神崎 義世(かんざき のりとし)社長にお聞きした。
11月は生命保険の月(生命保険協会が1947年に、生命保険の思想を広く普及する目的で制定)と損害保険の月(日本損害保険協会が1962年に「火災保険の月」として制定し、1965年に「損害保険の月」に改称)。 これにちなんで今回は、生・損保代理店(株)ブルースター(宮崎市=黒木公郎社長)を紹介する。
宮崎市、江平五差路の交差点から西に入る通りの一角に立つ「PLEJOURビル」一階にある「PLEJOUR」は、宮崎ではなかなか実際に見ることのできない、高品質で人気のドイツの「ミーレ」、「ガゲナウ」、フランスの「ロジェール」、イタリアの「アレッシィ」などの輸入デザイン家電とキッチンアイテムが並ぶショールームを持ち、販売からアフターケアまで、自信を持ってお客様をトータルにサポートしている。

アイ・ホーム(株) 田村寛治社長


9月1日は防災の日だった。相次ぐ北陸や中越沖の大地震。いつ起こるか予測のつかない地震や台風などの災害。日向灘を震源地に抱える宮崎県にとっても他人事ではない。いざという時、私たちを守ってくれるはずの家。安心して長く住まえる家とは...。そんな家づくりに情熱を傾けるアイ・ホーム株式会社(宮崎市佐土原町)の田村寛治社長に話を伺った。


このアーカイブについて

住まい・暮らしカテゴリ

前のカテゴリ:教育・育児

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31