エコオフィス.jpg

 宮崎県において、球温暖化防止のため、電力消費量等についての省エネ目標を設定し、年間を通して、室内温度の適正管理やOA機器等の不要時電源オフなどを実施するオフィス(事務所)を「エコオフィス」に定しています。今日はこのエコオフィスに登録されている各事業所の取り組みをご紹介します。

エコアクション.jpg

京都議定書により、2008年~2012年の間にCO2排出量を6%削減するという目標が設定され、日本国内では政府・企業・国民一体となったCO2削減に取り組んでいます。そこで、今回は宮崎市が独自に運営する環境マネジメントシステム「みやざきエコアクション認証制度」をご紹介します。

 

B宮崎森林管理署.jpg
最近、森林のCO2吸収量を売買する仕組みが企業間で着目されている。京都議定書によれば、CO2削減目標6%の内、3.8%を担う日本の森林。その指標を達成するには毎年20haの森林整備が必要だと言われている。しかしその一方で、輸入材の増加による国産材価格の低下や、就林者不足など、日本の森林が抱える多くの問題点が円滑な整備進行を阻んでおり、森林の荒廃を招いているのも事実である。では、この数値を達成するためには一体どうしたら良いのだろうか。今回は宮崎の森林が抱える問題点を中心に、宮崎の森林の今を宮崎森林管理署の笹岡氏に伺った。

このアーカイブについて

ストップ・ザ・地球温暖化カテゴリ

前のカテゴリ:ジャーナル

次のカテゴリ:スポーツクラブ

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ストップ・ザ・地球温暖化: 月別アーカイブ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30