THE TERRACE(テラス)/ 霧島精肉店

| コメント(0) | トラックバック(0)
テラス見出し.png

 都城市で黒毛和牛の繁殖と肥育を手掛けるKIRISHIMA RANCH株式会社が、420日に直営のレストラン&精肉店「THE TERRACE/霧島精肉店」を宮崎市吉村町天神前(ステッサ跡地)にオープンします。「自社ブランド"霧島和牛"や宮崎県産の素材にこだわった"地域循環型レストラン"を目指しています」と語るのは、KIRISHIMA RANCH株式会社General Managerの木村知弘氏です。そこで今回は、木村氏に新店舗オープンに至った経緯や施設概要、今後の展望などを伺いました。


terrace外観.jpg開店に至った経緯を。

木村 201611月に、黒毛和牛の繁殖と肥育を手掛けるKIRISHIMA RANCH株式会社を都城市で創業しました。一部の子牛を自社牧場で肥育し、「霧島和牛」というブランド名で販売に注力する準備が整ったことで、せっかくなら地元の方々に自社の牛肉を食べていただき、美味しさを知ってほしいという思いから、この度「THE TERRACE/霧島精肉店」をオープンする運びとなりました。



店内スタッフ写真.jpg

店舗のご紹介を。

木村 施設内には、自社ブランド牛と県産の新鮮な野菜をご提供するビストロレストラン「THE TERRACE」と、精肉を販売する「霧島精肉店」を併設しています。両店を通して①地域循環②Farm to table(農場から食卓へ)③サスティナブルという3つのキーワードをコンセプトにしています。例えば、自社牧場で製造する堆肥を契約農家さんに無料で配布し、生産した米や野菜を買い取ることで、米・野菜・牛肉と全て自社牧場に関連した素材をワンプレートでご提供できる。こうした循環型農業を実施する「地域循環型レストラン」が我々の目指す形です。また、近年話題となっているSDGsの推進にも注力しており、テイクアウトや精肉販売では出来るだけビニール袋、プラスチック素材を使用しないなど、環境問題にも積極的に取り組んでいます。また、牛の餌にはアマニオイル精製時のかすを混ぜていますが、その中にはオメガスリー脂肪酸という成分が含まれており、牛の健康や増体に繋がるだけでなく、サシと言われる牛脂部分の融点が低く、まろやかで口どけの良い味わいを楽しめます。


霧島和牛ハンバーガーランチ.jpg

主なメニューのご紹介を。

木村 ランチは県産の薪で香りをつけて焼き上げた自社ブランド牛のハンバーグやステーキなどのメニューからお選びいただき、全てに30種類程の野菜を使用したボリュームたっぷりのサラダがつきます。ディナーのメインは薪焼きのステーキで、A3A5ランクまで揃った自社ブランド牛の部位やグラム数を指定して注文することができます。


設備については。

木村 店内には6人・8人用の個室があるほか、中庭部分にはペット可のテラス席を設けており、総席数は約80席となります。いずれコロナ禍が落ち着けば、レストランの窓を開放して結婚式の二次会や、精肉店を利用したバーベキューなど、様々な利用方法を検討中です。ぜひ普段使いから記念日まで、多彩なシーンでご活用いただければと思います。


テラス席②.jpg

最後に展望を。

木村 食材からカトラリーに至るまで、出来るだけ地元の物を使用した地域循環型レストランをキーワードに、まずは地域の皆様方に愛される店を目指し、ゆくゆくは宮崎のランドマークのような存在になれたら嬉しく思います。「THE TERRACE」では自然との繋がりに"おいしい"を通して触れていただき、生産者と料理人の素材に対する敬意と情熱をお客様へお届けします。ぜひ一度お越しください。


ご協賛の企業様

伊藤ハム米久グループ サンキョーミート株式会社 様

ホームベース株式会社 様

株式会社九州テラオカ 様

フクシマガリレイ株式会社 様

株式会社九州パール紙工 宮崎営業所 様

三本珈琲株式会社 様

株式会社オールインワン 様

山崎株式会社 様



Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: THE TERRACE(テラス)/ 霧島精肉店

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/540

コメントする

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31