STAIRS OF THE SEA(ステアーズオブザシー)

| コメント(0) | トラックバック(0)
ステアーズ.png

日豊海岸国定公園の金ケ浜海岸を一望する(旧太平洋ドライブイン跡地の)景勝の地に、"海への階段・入口"を意味するネーミングの商業施設「ステアーズオブザシー」が昨年7月にオープンし、観光スポットとしても熱い注目を集めています。「日向市をはじめ、県内外の方々に楽しんでもらい地域活性化に貢献したいという気持ちが一番でした」と設立の動機を話す、株式会社ティースリーリポート代表取締役の三宅信之氏は、ご両親が営む株式会社インテリア日向で雑貨や服飾を扱う事業部門「アフランシール」を立ち上げ、またマネジャーも務めています。多忙な日々を送る同氏の寸暇をとらえ、今回は施設オープンの経緯から概要、今後の展望に至るまで話を伺いました。


ステアーズ店舗.png

開店のきっかけは。

三宅 以前この場所には、市内外の方々から親しまれていた太平洋ドライブインがありました。しかし、時代の変遷と共に閉店となり、跡地の利活用を巡って話を頂いたことがきっかけで、かつてのような賑わいのある場を作りたいと、既存の施設を改築して20197月に「ステアーズオブザシー」をオープンしました。


海の碧、空の青に溶け込むようなお洒落な佇まいですが、施設のご紹介を。

三宅 地中海やハワイにあるリゾート施設のイメージで、景観を含めリラックスできる空間を目指しています。店内には、宮崎の食材や加工品を集めた「フードラボ」や、キッチンスタジオ、レンタルスペース等のほか、飲食コーナーでは、弊社FC運営の「タリーズコーヒー」と西日本初出店の「テディーズビガーバーガー」の他、テナント様は県内出身者の人気店に限定し、イタリアンジェラートの「オットーオットー」、イタリアンの「アッカピウ」、スムージーとソフトクリームの「ピンキークリマリー」、トマトヌードルの「ザヌードルショップ」等、多彩な顔触れが並びます。


店舗集合.png


施設を活用した様々な催しが行われているとか。

三宅 これまで貸切コンサートの開催や、結婚式の前撮りのほか、先日は当施設と金ヶ浜を背景に日向市主催の移住者向けリモート説明会が開催されました。その後実際に「移住するので働かせてほしい」という連絡を頂き驚きましたが、実を言うと、当店スタッフの半数は、大阪や広島等から移住してきたメンバーです。県外の方からすると、日向市の環境はとても魅力的なようですね。灯台下暗しです ()


ステアーズ店内.png


同店は日向市観光の発信スポットとしての役割も担っているのですね。

三宅 最近では、景観の良さを活かして周囲にオシャレなゲストハウスや飲食店等が相次いで開業し、平岩地区界隈の盛り上がりを感じます。いずれは地域一帯が観光スポットのような通りになればいいなと思います。私自身、「もっと地域に貢献できることはないか」「日向市、ひいては県内外の方々に喜んでもらえることをしたい」という気持ちが強くあり、特にオープン時は旧施設をご存じの年配の方から「すごく良くなった」「こんな風に改装してもらえて嬉しい」といった声を多数頂き、心から「やって良かった」と感じました。もちろん、経営者としては売り上げも大切ですが、ただ数字を追うだけではなく、自分なりの提案や、どんな風に取り組むかを考え出すとワクワクし、それが原動力になっています。


コロナの影響は。

三宅 昨年のオープン後は、月に12千人程の来場者がありましたが、緊急事態宣言後にガクンと客足が減り、予定していたイベントも中止となり苦しかったですね。ですが、最近少しずつ来場者が戻り、先週末はバーベキュー&ビアガーデンのイベントが無事に終了し、ほっとしているところです。これからも入口での検温や消毒など、出来る限りの対策を行いながら、2周年に向けて邁進していきたいと思います。


最後に今後の展望を。

三宅 今後は、より快適に海水浴を楽しめるようシャワーの設置や、トゥクトゥクを利用した観光スポットの回遊プラン、また現在協議中ではありますが、ワーケーション用スペースの増設など、新たな取り組みを検討中です。日向市、ひいては県全体の観光の活性化を図るためにも、いずれは地域一体となったイベントが開催できればと考えています。

 また、当施設の素地ともいえるグループ会社のアフランシール事業に関して、日向本店・都城店に次いで、11月には3店舗目となる「アフランシール宮崎店」がアミュプラザみやざきやま館の2階にオープンします。カフェを併設してワンフロア全体を使用しますので、プレッシャーも大きいですが(苦笑)、当社独自のカラーを打ち出しながら、宮崎の皆様にアフランシールの魅力を知っていただけたらと思います。

さらに、このオープンを足掛かりに、今後は県外にも多店舗展開を計画しています。宮崎一、九州一、全国一の雑貨屋を目指して、現在は社内の組織化とリーダー育成に尽力しています。と、ここまで事業拡大の夢を描きながら、私としては55歳で引退することを決めているので()、それまで後10年です。リーダー達にもその旨を伝えており、各自が経営者の気概で働いてくれて頼もしい限りです。観光の発展や事業の拡大、そして自身のゴールに向けて、これからもスタッフと共に駆け抜けていきたいと思います。


ご協賛の企業様

株式会社 日向衛生公社 様

株式会社 内山建設 様

宮崎綜合警備株式会社 様

株式会社 トーホーフードサービス 延岡営業所 様

株式会社 九南 様

九州電力株式会社 日向営業所 様

九州産商株式会社 様

有限会社 クリーン日向 様

ホシザキ南九株式会社 延岡営業所 様

AFFRANCHIR 様


Categories

, ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: STAIRS OF THE SEA(ステアーズオブザシー)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/527

コメントする

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31