11月5は津波防災の日

| コメント(0) | トラックバック(0)
防災の日.png毎年115日は「津波防災の日」です

もし今、地震や津波が発生したら、あなたはどうしますか?それが自宅だったら?

学校や職場だったら?外出先だったら?災害は発生の時と場所を選びません。

ぜひこの機会に、もう一度防災に関する意識を見直してみましょう。

津波防災の日とは

 2011年3月、未曾有の災禍を被った東北地方太平洋沖地震。その甚大な津波被害を踏まえ、同年6月に「津波対策の推進に関する法律」が制定され、広く津波対策についての理解と関心を深めることを目的に、1854年11月5日に発生した安政南海地震の日に因み、毎年11月5日を「津波防災の日」と定め、全国で様々な取り組みが行われます。

防災意識.png 備えが肝心

 実際に地震や津波が発生した場合、私たちはどうしたらよいのでしょうか?

【家屋内での身の守り方】

・大きな揺れを感じたら机の下に隠れたり、座布団等で頭を守る、家具から離れて揺れが収まるのを待つ。慌てて外に飛び出さない。

【屋外での身の守り方】

・ブロック塀の倒壊や、看板・割れたガラスの落下に注意する。

【車の運転中】

・急ブレーキを踏まずに緩やかに速度を落とす。

・ハザードランプを点灯し、周囲の車に注意を促す。

【事前に備える】

・家具の倒壊・落下を防ぐために事前に家具を固定しておく。

・自宅周辺の危険個所を確認しておく。

・家族3日分の食料や水等を備蓄しておく。

・遠くの親戚より近くの他人。災害時は近所との協力が大きな力を発揮する。

・家族が離れた場合の連絡方法や避難場所を事前に確認しておく。

 このように、実際に地震や津波が発生した場合も落ち着いて行動できるように、日頃から防災の意識を持つことが大切です。


宮崎県の取り組み

 大規模地震の発生時には、まずは自らの身は自らで守るという「自助」の考え方に基づいて「いのち」を守ることが大切です。県では、「自助」の意識の向上を図るため、県民・事業者・行政機関などに広く参加を呼びかけ、地震発生時の安全確保行動を県内全域で行なう県民一斉防災行動訓練「みやざきシェイクアウト」を実施します。シェイクアウト訓練とは、2008年にアメリカで始まった地震に備える防災訓練で、ホームページなどを通じて防災の普及啓発を図り、決められた時刻に一斉に参加者全員が机の下に隠れるなど身の安全を図る行動を実践し、自宅や地域、職場などでの日頃の防災対策を確認する訓練です。「どこでも、誰でも参加できる」手軽な訓練ですので、皆さまぜひご参加ください!


ご協賛の企業様

フジワラ産業株式会社 様

株式会社岡崎組 様

吉原建設株式会社 様

宮崎ガスグループ 様

一般社団法人 宮崎県建設業協会 様

富岡建設株式会社 様


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月5は津波防災の日

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/526

コメントする

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31