終活について考えよう!!

| コメント(0) | トラックバック(0)
久木野ナビゲートバナー.png

2012年の流行語大賞にノミネートされた「終活」という言葉。聞いたことがある方も多いかと思いますが、実際にはどんな活動をするのか知っていますか?「終活とは、今の自分を見つめ直し、後悔しない生き方を目指す前向きな活動です」と話すのは、終活ガイド上級認定講師であり、久木野ナビゲート代表の久木野洋子氏です。そこで今回は、終活の具体的な取り組みについて話を伺いました。

相続困る.png

Q.終活とは


久木野 高齢化社会を迎え、2060年には65歳以上の人口が約40%を超えると予測されています。そんな中、自分のライフスタイルや将来設計として「終活」を考える人が増えています。終活とは、本来「人生の終わりのための活動」の略で、いつか必ず訪れる人生のエンディングに向けて、今の自分を見つめ直し、出来ることややりたいことを考えながら、後悔しない生き方を目指すという前向きな活動です。






老夫婦.pngQ.
エンディングノートとは


久木野 もし今身近な人に何か起こった場合、その方のパソコンや携帯電話のID、パスワードは分かりますか?通帳や印鑑の場所、契約している保険や株取引の有無は?例え親や夫婦であってもこうした情報は知らない事が多く、遺された家族の負担を減らすためにも、まずはエンディングノートから始めてみましょう。エンディングノートはいわば自分の「取扱説明書」です。これを書くことで、セカンドステージの目標が明確になるため、今後の自分の生き方を示すガイドブックにもなります。

様々なタイプのエンディングノートが販売されていますが、中を見てみると、趣味や特技、好きな物・嫌いな物から始まり、パソコン・日記等の処理方法、自身の健康状態、葬儀の希望など、あらゆる項目があります。全部を一度に書こうとすると挫折してしまいますので、気になるページや必要な箇所から埋めていきます。追加や書き換えも自由に行えますが、その都度更新日を記入しておくことをお勧めしています。


Q.お墓や葬儀について


久木野 自分らしい葬儀を行うため、また最愛の人を送り出す時に慌てないためにも、葬祭場の見学や資料請求をするなど、事前に情報を収集しておくのが良いでしょう。花代や食事代、霊柩車代などを含めた実際の葬儀の費用はどれくらいかかるのか、また、お墓については、墓地や納骨堂だけでなく、海洋散骨や樹木葬など、最近では様々な方法があり、費用もおよそ3万円~200万円まで幅があります。それぞれのメリット・デメリットを知り、自らのエンディングをどのようにプロデュースするのか、ぜひ希望する方法をエンディングノートに記してみてください。


Q.メッセージ


久木野 いざ「終活をしよう」と思っても、何から始めたらいいか分からない方のために、当社では、元気な今だからこそできる「もしも」に備えた終活セミナーや、エンディングノートの書き方教室などを随時開催しております。遺された家族への負担を少なくするためにも、そして自分で納得のいくエンディングを迎える為にも、「終活」を通して、ぜひ前向きに輝く人生を送ってほしいと思います。


ご協賛の企業様

常盤産業株式会社 様

株式会社ABUMI

久木野ナビゲート 様

フェニックスクルージング 様


Categories

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 終活について考えよう!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/522

コメントする

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30