アレルギー.jpg
 2月17日~23日は、日本アレルギー協会によって制定された「アレルギー週間」です。
 今や国民の3人に1人が保有すると言われ、現代人特有の疾病と称されるアレルギー疾患。この記事を読まれている方の中にも、様々なアレルギーに悩まされている人が多いはず。
 その中でも、今回は食物アレルギーに焦点を当て、アレルギーを引き起こす食物や、検査方法、予防法などをお伝えします。
宮崎産業祭帯.jpg

九州は宮崎から始まり、発売16年のうなぎの骨微粉末「救骨さん」。牛乳の約200倍という豊富なカルシウムや、体を作るたんぱく質・コラーゲンを多く含んでおり、子どもさんからお年寄りまで、宮崎の頑張る人々を強力にサポートしてくれる心強い味方です。

そこで今回、その「救骨さん」を持って県内の頑張る皆様、宮崎商工会議所青年部第一回宮崎産業祭実行委員長の代口純一さんに話を伺い、実際に試飲して頂きました。

ノロウイルス.jpg
 毎年冬になると感染者が急増するノロウイルス感染症。県内でもすでに発症が確認されており、カキなどの生ものを食べる際には一層の注意が必要です。
 今日は宮崎市健康管理部健康支援課課長の水浦広明さんにノロウイルスに感染しないための予防法を伺いました。
ニッカワ設計工房.jpg
 あなたなら「良いことしか言わない営業マン」と「良いことも悪いことも言う営業マン」どちらを選びますか?メリット・デメリットを事前に正確に伝え、生活者にとって何が一番大切なのか、何を中心に生活するのかのみを聞き、提案力で勝負するのが設計工房ニッカワ・建築工房ニッカワだ。
 今日は設計工房ニッカワ・建築工房ニッカワの代表新川勉氏に家づくりへの強い思いを伺った。
商工会議所2013.jpg
 九州は宮崎から始まり、発売16年のうなぎの骨微粉末「救骨さん」。牛乳の約200倍という豊富なカルシウムや、体を作るたんぱく質・コラーゲンを多く含んでおり、子どもさんからお年寄りまで、宮崎の頑張る人々を強力にサポートしてくれる心強い味方です。

そこで今回、その「救骨さん」を持って県内の頑張る皆様、宮崎商工会議所青年部18代会長の永岑和久さんに話を伺い、実際に試飲して頂きました。

きらり農場高木.jpg
 多くの農家が抱える後継者不足や、放棄地の増加問題。これらの難問に挑み、安定した生産量の確保を実現させ、さらに、今なお農地を拡大し続けているのが、都城市高木町にある農事組合法人きらり農場高木だ。
 今日は同組合設立の経緯から今後の展望に至るまで、代表理事組合長の中之丸新郎氏に伺った。
宮崎交通.jpg
 宮崎の交通機関と言えば、必ずその名が挙がるであろう宮崎交通株式会社は、宮崎県民の足として地域に深く根差してきた。バスやタクシーから始まり、その事業は旅行観光、こどものくに、保険事業と多岐にわたっている。
 今日は宮崎交通株式会社 代表取締役社長 菊池克賴氏を筆頭に、各事業所の担当者に話を伺った。
みやざき的健康な家.jpg
 私達の人生の約半分を過ごすと言われている家。間取りやこだわった家に住みたいのは当たり前だが、問題になっている化学物質による「シックハウス症候群」などただ住みやすさだけを求めるのは、ちょっと考える所もある。そこで、快適な住まいに加え住環境にも配慮した住宅作りに、確固たる理念の下、健康住宅作りに取り組む宮崎県の工務店に視点き、宮崎県において健康住宅づくりのパイオニアである有限会社浜砂住建代表取締役浜砂学氏、有限会社バリア・フリー工房代表取締役高橋龍次氏にお話を伺った。

国富町

| コメント(0) | トラックバック(0)
国富町ソーラー.jpg
 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の大災害と福島第一原子力発電所の惨事を受けて、エネルギー政策の見直し論が白熱する中、低炭素社会を目指す機運とも相まって、再生可能エネルギーの開発に拍車がかかっています。
 全国でもトップクラスの日照時間、快晴日数を誇る宮崎県は、太陽光発電に適した立地環境を活かすため、太陽光発電に関する企業立地を推進してきましたが、なかでも東諸県郡国富町はソーラーフロンティアが誇る世界最大級の国富工場(年産能力:900メガワット)の所在地でもあり、「太陽光発電のまち日本一」をめざしています。その国富町に昨年から建設中であった、宮崎県において最大規模となる合計3.3メガワットの大規模太陽光発電所が今春完成し3月末の稼働を予定しています。
 このプロジェクトは、地元企業の矢野産業が所有する国富町大字木脇の土地7ヘクタールに3.3メガワットのメガソーラーを開発。ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池を使用した太陽光発電システムを供給するとともに、コンサルテーション・サービスを提供し、矢野産業は、土地の提供、雑草の生息を予防する独自の砕石商品美砂(ミサゴ)を提供することにより、土地のメンテナンス作業を軽減するなど、両社の特徴を活かした事業モデルとして関係者の注目を集め、太陽光発電の一層の飛躍に寄与するものと期待されています。
ファームテック.jpg ウイルスを持たない豚の生産は、「安全・安心で美味しい豚肉」づくりの大前提です。徹底した防疫対策によりSPF豚(特定の病原菌をもたない豚)を生産するのがえびの市の株式会社ファームテックです。今日は株式会社ファームテック代表取締役の西原登氏に色々とお話を伺ってきました。
 

JAこばやし

| コメント(0) | トラックバック(0)
こばやし農業協同組合 代表理事組合長 坂下栄次氏に聞く。
八興運輸帯.jpg
 国の重要港湾に指定されている日向市の細島港。そこで60年に渡り、海運輸送業をはじめ様々な事業に取り組む八興運輸株式会社。創業から半世紀を超え、時代の移り変わりとともにグローバルカンパニーとしての発展を目指す八興運輸株式会社の代表取締役社長 三輪純司氏に色々と話を伺った。

このアーカイブについて

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30