10月10日は目の愛護デー

| コメント(0) | トラックバック(0)
目の愛護デー.jpg
 視覚は五感の中でも特に重要な役割を占めると言われる、とても重要な器官です。近年は医療の進歩に伴い、眼鏡やコンタクト製品、レーシック手術など視力回復の手段が様化しています。しかし一方で、視力の低下やドライアイなど、目の健康にも注意しなければなりません。そこで今日は県立宮崎病院眼科部長の河原亮輝氏に、目の健康に関する様々な話を伺った。

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症は糖尿病に伴う眼の病気です。日本における失明原因の第2位となっています。糖尿病になると全ての人が糖尿病網膜症になるわけではありませんが、年間約3000人が視覚障害を発症しています。糖尿病網膜症について説明する前にまず、糖尿病についてお話します。

 

糖尿病とは?

糖尿病は血液中の糖の濃度(血糖値)が上昇した状態です。高血糖が続くと、糖(グルコース)が血管内皮のタンパクと結合し、体中の血管が徐々に破壊され、様々な臓器が血流障害を引き起こし、重大な障害を合併します。傷害を受けやすい主な臓器は、眼、腎臓、神経の三つです(三大合併症)。眼が障害されれば見えなくなりますし、腎臓が障害されれば体の老廃物が尿から排出されず悪化すれば人工透析が必要となります。神経が障害されれば手足のしびれ・麻痺・便秘・膀胱障害など様々な症状が出てきます。その他にも、体中の血管が障害されますので、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気のリスクをも高める恐ろしい病気です。

 

糖尿病になると眼のどこが、どのように障害されるのか?

「網膜」という眼底にある神経の膜が障害されます。網膜は眼をカメラで例えると光を感じるフィルムに当たり、これが障害されると光を感じることが出来ずに視力が低下していきます。糖尿病網膜症はその進行度合から3段階あり、軽度のものから単純網膜症、増殖前網膜症、増殖網膜症に分類されます。単純網膜症では、網膜にちらほら出血をきたす程度で、自覚症状はまずありません。増殖前網膜症ではさらに網膜の虚血が進行しますが、それでも自覚症状はほとんどありません。増殖網膜症になると眼球内の出血(硝子体出血)や増殖膜による網膜剥離をきたし、視力低下を自覚します。つまり、網膜症がかなり進行して初めて視力低下を自覚するのです。視力低下を自覚して慌てて眼科を受診する患者さんも少なくありませんが、増殖網膜症まで進行してしまうと、我々医師がいくら治療を施しても、元のように見えるようになるのは困難な場合が多いです。

 

目イラスト.jpg

糖尿病網膜症の治療

治療は症状の進行度合により異なります。単純網膜症では、眼科的には特に治療は必要ありませんが、高血糖が続けば進行するので内科医師による血糖コントロールが必要です。増殖前網膜症では、進行予防目的に網膜光凝固剤(レーザー)を施行します。これは外来通院にて施行でき、かなりの確率で増殖網膜症への進行を阻止できるので有効な治療と言えます。増殖網膜症まで進行してしまった場合にはレーザーだけでは不十分で、手術(硝子体手術)が必要となります。

いずれにせよ、血糖コントロールが一番大事です。血糖値が高いままでは眼科医がどれだけ尽力しても焼け石に水で、視力低下を阻止する事は出来ません。さらに治療で大事なことは「自覚症状がなくてもきちんと定期健診を受けにくる」ということです。健康診断では必ず血液検査の項目に血糖値が入っていますし、近くの内科であればどこでも糖尿病の有無を調べることはできます。糖尿病網膜症は進行すれば失明の危険性もある恐ろしい病気ですが、早期発見、早期治療が叶えば、多くの場合で良好な視力を保つことが出来ます。もし、糖尿病と診断された患者さんは必ず定期的な眼科受診を行って下さい。

Categories

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月10日は目の愛護デー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/335

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30