市漁協.jpg
 「たらふく食う」「とどのつまり」実はこれ、魚に由来する諺って知ってましたか?
日常に使う言葉に使用されるほど、日本人の生活に深く根差す魚。その魚と私達の食卓を繋ぐのが漁協です。青島にある宮崎市漁業協同組合は、旬の魚が数多く水揚げされ、併設された食堂で味わうこともできます。
 今日はそんな宮崎市漁業協同組合の組合長 矢部廣一氏に色々と話を伺ってきました。
ミキファーム後編.jpg
  「日本で唯一の商品」をモットーに、親会社である芝生産の株式会社日向芝と、子会社である農産物生産販売の有限会社ミキファーム

 今日は前編に続き、ミキファームで栽培するライチの導入のきっかけから、今後の展望に至るまでを代表取締役社長 三木信雄氏に話を伺った。

ミキファーム前編.jpg
 一面に広がるふかふかの芝生、たわわに実る真っ赤なライチ。「日本で唯一の商品」をモットーに、芝を生産する親会社の株式会社日向芝と、農産物の生産販売を手掛ける子会社の有限会社ミキファーム。今日はこの2社を経営する両代表取締役社長三木信雄氏に、前編・後編の二回に渡って話を伺った。
陸上協会.jpg
 九州は宮崎から始まり、発売15年のうなぎの骨微粉末「救骨さん」。牛乳の約200倍という豊富なカルシウムや、体を作るたんぱく質・コラーゲンを多く含んでおり、お子さまからご年配の方まで、宮崎の頑張る人々を強力にサポートしてくれる心強い味方です。そこで今回、その「救骨さん」を持って県内の頑張る皆様、宮崎陸上競技協会理事長 安部勝也さんに話を伺い、実際に試飲して頂きました。
0626マーサ美容.jpg
マーサ美容研究所 ←クリックするとホームページにとびます。

宮崎神宮

| コメント(0) | トラックバック(0)
宮崎神宮.jpg

 今年は古事記編纂1300年の記念すべき年です。そこで、古事記と関連のある県内の神社を巡り、伝承されてきた神話や、神社の特徴、今後の展望に至るまでをそれぞれ伺っていきます。今回は宮崎神宮の宮司杉田秀清氏に話を伺いました。

畜連.jpg

 宮崎県の基幹産業である農業。その所得の約6割を占めるのが畜産である。多大な被害を被った口蹄疫から早2年。多くの悲しみを乗り越え、着実に復興へと向かう中、牛のセリを行う東臼杵郡市畜産農業協同組合連合会に伺い、参事吉田茂氏と、会長米良正秋氏に復興への足取りを伺った。

協電社

| コメント(0) | トラックバック(0)
0621協電社h2.jpg
有限会社協電社
細島港.jpg
 宮崎県の経済や産業を支える重要港湾「細島港」。本年3月に新たな岸壁の整備が現地着工され、5月には2基目となる大型荷役機会が設置された。平成25年度には、東九州自動車道延岡―宮崎間の開通が予定されている。これらの社会インフラの整備は、日向氏のみならず、宮崎県の姿を大きく変える起爆剤のとなりうる。
 昨年、日向市は市制60周年を迎え、新たな成長戦略を描く「細島港を核としたグランドデザイン」を策定し、地域の発展に向けた様々な取り組みを始めている。そこで、今回は日向市や細島港に携わる様々な人々を取材した。

このアーカイブについて

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30