【古事記編纂1300年】青島神社

| コメント(0) | トラックバック(0)
青島神社.jpg
 今年は古事記編纂1300年の記念すべき年です。そこで、古事記と関連のある県内の神社を巡り、伝承されてきた神話や、神社の特徴、今後の展望に至るまでをそれぞれ伺っていきます。
 今回は青島神社の宮司長友安隆氏に話を伺いました。
神社鳥居.jpg

■御由緒

―まずは青島神社の御由緒を。

長友 「海幸彦・山幸彦」の話は皆さんご存知でしょうか。ニニギノミコトの皇子である兄のホノスソリノミコトは釣りが上手いことから「海幸彦」、弟のヒコホホデミノミコトは狩猟が上手いことから「山幸彦」と呼ばれていました。ある日、二人は互いの道具を取り換えて海幸彦が山へ、山幸彦が海へと向かいました。そこで山幸彦は兄の釣針を失くしてしまい狼狽していた所、シオズツノオオカミの教えを受けて、はるばる龍宮まで探しに行かれました。そこで海神の娘であるトヨタマヒメノミコトと巡り合い、お二人は深い契りを御交されます。やがて山幸彦は釣針を取り戻し、海積宮(わだつみのみや)よりお戻りになりました。その頃、トヨタマヒメノミコトは身重になっておられ、天孫の御子を異土(海積宮)で産むべきではないとお考えになられ、遠く八重の塩路を越えて山幸彦の所に参られたと言われております。当神社はその山幸彦が海積宮から御還幸された時の御宮居の跡として、ヒコホホデミノミコト(山幸彦)とトヨタマヒメノミコト、シオズツノオオカミの三神を奉祀して御神威を今日に伝えています。なお、ヒコホホデミノミコトとトヨタマヒメノミコト御夫婦は神武天皇の祖父母にあたります。

 

■神社の概要

―桟橋から本殿まで素晴らしい風景が続きますね。

長友 当神社は波状岩という隆起海床(通称:鬼の洗濯岩)の上に貝殻が堆積されて出来た島で、砂浜ならぬ貝殻の浜が島の周囲を埋め尽くしています。また島内のヤシやビロウ等の植物は自生した亜熱帯植物群落です。こうした環境は国内の神社の中でも非常に珍しく、お陰さまと言いますか、昨年5月にミシュラン・グリーンガイド(レッドがグルメ、グリーンが観光地)・ジャポンより県内で初めて星二つ(寄り道する価値がある)という評価を頂きました。以降、アジア圏からだけでなく、西洋圏からのお客様も徐々に増えてきました。今では年間80万人もの方々に御参拝頂いております。

―御祭儀については。

DSC_0117.jpg

長友 毎月の月並祭の他、季節ごとの大祭が4回あります。旧暦三月十六日には春祭りとして「島開き祭」が開催されます。これは1357年に当時の宮司が、入島を禁止されていた当神社を信仰上遺憾に思い、藩主に訴願して一般の参島が許可された、という経緯から開催されるようになりました。続いて旧暦六月十七・十八日には海を渡る祭礼として知られる夏祭りが開催されます。これはトヨタマヒメノミコトを龍宮にお連れ申し上げ、御神慮を御慰めしたいという氏子漁民の発意で行われるようになり、神輿を乗せた「御座船」を先頭に大漁旗等で飾った数十艘の漁船が進む様は見ごたえがあります。十月十八日には当神社最大規模の例祭と呼ばれる秋祭りが行われ、旧暦十二月十七日には冬祭りとして裸参りが行われます。これはヒコホホデミノミコトが龍宮から御還幸された際に、村人がお出迎えの装束をまとう暇もなく裸の姿でお出迎えしたという古事から発生した祭りで、当祭儀に参加することによって千日分の御利益があると伝えられています。

 

■今後の展望

―記紀編纂1300年を迎え、今後の展望を。

長友 当神社の第一義は自然豊かな青島を守っていくことです。どなたにも気持ち良く参拝して頂き、「青島に来て良かった。」と言われるように、地域住民の方々と一緒になって、ブーゲンビリアの花づくりやトゥクトゥクトローリー、青島温泉手形など魅力ある取り組みを行っています。これにより参拝客の方々はもちろん、地域の方にとっても宮崎に住む事が喜び・誇りに繋がるような町にしていきたいと思います。

また、宮崎県では今年の古事記編纂1300年、そして平成32年の日本書記編纂1300年に至る足掛け9年間を記紀編纂記念とし、様々な事業を計画しています。これらの事業を通して「神話の里みやざき」を全国に定着させ、事業終了後には神話への理解が深まり、皆が神話を語ることが出来るようになっていると大変嬉しいですね。

青島温泉手形.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【古事記編纂1300年】青島神社

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/301

コメントする

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31