宮崎県を襲う大地震に備える(後編)

| コメント(0) | トラックバック(0)
王生工業後編.jpg

 2011311日、未曾有の大震災が日本を襲った。テレビや新聞を通じて目にする被害の甚大さ、その恐怖に身震いした方も多かったはずだ。しかし、この地震は決して他人事ではない。宮崎県は地形上、東側が南北約160kmに渡り日向灘に面している。この日向灘沖を震源とするマグニチュード7・1前後の地震が今後30年以内に7~8割の確率で発生されると予想されている。この日向灘を中心とする地震から家族や財産を守るために、私達が今できる事とは何だろうか。それを探るために、『宮崎県を襲う大災害に備える』様々な方法をご紹介していく。

 前編・中編に引き続き、後編はハイスピード工法の紹介と、家の購入を検討中の方に向けたアドバイスを頂いた。話を伺ったのは引き続き有限会社王生工業 専務取締役の中原伸博氏だ。

後1.jpg

④強固な地盤づくり

通常の地盤改良工事に比べて工期が短いうえ、あらかじめ作られた杭を打つのではなく、各地盤の状態に合わせた砕石杭を形成するので、杭周辺も合わせて強固な地盤が出来上がります。パイル形成時には、50センチ単位で砕石の強度を確認しながら締め固めていきますので確実な施行が可能です。また、新技術のピストンバルブの導入によってハンマーの転圧機能が加わり、従来の施工時間を大幅に削減でき、工期の短縮にも繋がります。

なお、これまでは杭の深さが最大6.5m、径400mRC3階建て程の建物まで対応が可能でしたが、今回新たに450500径の杭が登場し、より巨大な建物にも使用できる可能性が広がりました。

―宮崎県でのハイスピード工法の普及率は。

中原 宮崎県内でハイスピード工法の代理店は当社のみとなっており、現在400棟程の実績があります。

 

■住宅づくりに大切な地盤

後図4.jpg

―最後にこれから家の購入を検討中の方にアドバイスを。

中原 家の購入は人生において非常に大きな買い物です。内外観のデザイン性や利便性にこだわるのはもちろんですが、ぜひ目に見えない地盤の部分にもこだわってほしいと思います。宮崎県は今後30年以内に日向灘を震源とする巨大地震の発生が予測されており、地震の被害を想定した家づくりが必須になります。どれだけ素晴らしい家を建てても、基礎がしっかりしていなければ、地震の被害によって大切な家を失う可能性もあります。基礎となる地盤をしっかりと固めて、地震にも耐えうる安全な我が家を手に入れてほしいと思います。

―ありがとうございました。(聞き手・酒井里佳)

Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宮崎県を襲う大地震に備える(後編)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/294

コメントする

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31