田野ひまわり荘/ソフトタウン高洲

| コメント(0) | トラックバック(0)
大和開発.jpg
 快適な環境と、温もりのあるサービスの提供に心血を注ぐソフトタウン高洲。そして今年7月には新たに田野ひまわり荘(仮称)のオープンを控えている。そこで今回ソフトタウン高洲の施設長橋口恵子氏と、オープン予定の田野ひまわり荘(仮称)の準備室長柳田哲郎氏に施設の概要から今後の展望までを伺った。
田野ひまわり荘_人車なし_1219.jpg

【田野ひまわり荘(仮称)】

―開業の経緯と大まかな概要を。

DSC_0063.jpg

柳田 田野町に新しい有料老人ホームを開業するにあたって、周辺地域にこうした施設が少ないことや、高齢者増加による施設需要の高まりに対して、リーズナブルな料金で充実した設備を、という目的から開業が決定しました。田野町は緑が豊富で、空気も清々しく、大変自然環境に恵まれた土地です。穏やかな時間が流れる中で家庭的な温もりのある安心した介護や、心地良い暮らしをご提供できればと思います。

―特徴は。

柳田 当施設では高齢化等により、自立した生活が困難になった要介護者に対して、住宅型有料老人ホームのサービスを通して、家庭的な雰囲気の中、各種サービスを提供し、高齢者の社会的孤立の解消及び心身機能の維持、並びに生活の質の向上を目指します。広大な敷地の中、建物は3階建てで眺めもよく、住宅型としては広いタイプの施設になるのではないかと思います。またデイサービスの併設も計画しており、野外活動やショッピング、周囲の畑を利用した野菜栽培や自然との触れ合いを通して、利用者様にお喜び頂けるような企画を随時行っていく予定です。さらに、地域の教育機関や医療機関との連携も図りながら、より地域に密着した施設づくりを行っていきたいと思います。

―スタッフは。

DSC_0071.jpg

柳田 環境面を含めたハード面の良さはもちろん、当施設ではソフト面をより充実させることで他施設と差別化を図っていきたいと考えています。弊社は2級ヘルパーの資格取得を支援する環境が整っておりますので、免許の有無を問わず、やる気があって遅刻をしない、嘘をつかない、利用者に優しく接することが出来る、といったその人の人柄や人間性を重視した採用を行う予定です。なお、今のところ募集人数は2530名を考えています。

―最後にPRを。

柳田 利用者様の心地よい暮らしを第一に、ライフスタイルに合わせた生活プランの設計を行っていきます。ご利用頂く以上は皆様のご自宅として、介護度の変化に関わらず、皆様の第二・第三の人生を私たちスタッフと共に笑顔で過ごしていけるような施設にしていきたいと考えています。田野町を含め宮崎市内外の多くの皆さまのご利用をお待ち致しております。(文中写真は全てイメージです。)

ひまわり荘概要.jpg

施設画像-南面01.jpg

【ソフトタウン高洲】

―施設の概要を。

画像-014.jpg

橋口 当施設は平成182月に設立し、今年で7年目を迎えます。コンセプトである「もうひとつの我が家」感覚でご利用頂けるように、外には看板等を置かず、一見まるでマンションやホテルのような外観になっています。施設内はL字型の構造で、建物全体を極力動線を短くし見渡すことができる監視体制を強化しております。医務コーナーや美容室等を完備し、また床の下地材にアンダーレイシートというクッション材を使用しており、転倒による事故の発生防止に役立っています。

―施設の特徴は。

橋口 16名の介護スタッフが常勤で24時間365日従事しており、夜間は1時間ごとの見回りを行っているため、ご利用者様の日常の変化にも素早く対応することが出来ます。当施設ではご利用者ごとの担当者制を採用しているので、ご利用者様と担当者の密なコミュニケーションが図れます。またケアプランに関してはケアマネージャー、各担当、看護職員のチーム体制で作成・見直しを行っていますので、よりきめ細かいサービスの提供が可能です。

 また施設名に謳われている通り"ソフト"面の充実には尽力しています。当施設一番の特徴と胸を張ってご紹介できるスタッフ達は、互いに包み隠さず情報を共有できる信頼関係の構築をモットーに、密な連絡体制やヒヤりハットの共有、またご利用者・お客様への元気な声掛けや挨拶など、互いの良い部分は褒め合い、不安な点は共有・改善を行いながら、スタッフ全員が明るい笑顔でサービスを行っています。

―モットーは。

施設画像-理美容室.jpg

橋口 優しい言葉遣いや、真心と笑顔、そして高齢者の尊厳保持と自立支援を根拠に、地域に貢献できる福祉施設を目指しています。これまで私自身、長年福祉施設で務めて参りましたが、この仕事にはスタッフ一人一人の"感性"が重要だと感じています。いくら技術や知識が備わっていても、利用者様のちょっとした変化に気付けなければケアの質の向上が図れません。そのため、各職員の感性を磨く事の出来る環境づくりが責任者として大切な仕事だと感じています。

―今後の展望を。

橋口 昨年から仕事に対する感性や知識向上のために各種委員会を設置しました。全スタッフを各委員に配置し、委員会を通して「こういう介護をしたい」という確固たる信念を醸成させていきたいと思います。また職員定着率が高いことも当施設の特徴となりますが、この状況に喜びながらも甘んじることなく、今後施設の中堅を担う職員を育て、職員全体のレベルアップを図り、ご利用者・ご家族・職員同士の信頼関係をより深めていくことを今年の抱負にしたいと考えています。

ソフトタウン概要.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 田野ひまわり荘/ソフトタウン高洲

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/269

コメントする

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31