微生物有機農法.jpg

 赤々と実ったトマト、艶やかに光るナス。こうした作物の出来を左右するのが、土の中に1グラム中1億個以上も存在する微生物だ。近年この微生物に着目した"有機農法"が宮崎県はもちろん、全国で注目を浴びている。

 そこで今日は、宮崎大学農学部地域農業システム学科教授杉本安寛氏に微生物を利用した有機農法について色々とお話を聞いた。

塗装業協会.jpg
 7月は河川愛護月間だ。河川が汚染される原因については様々唱えられているが、塗装の際に排出される塗装廃液も一つの問題になっている。そこでこの問題を解決しようと、宮崎市塗装業協会では簡単に廃液の処理が行える簡易型水性塗料廃液処理機を開発した。今日は宮崎市塗装業界会長の園田龍男氏に開発のきっかけから今後の展望まで伺った。
トンネルの駅.jpg

 使われなくなったトンネルを有効活用する為に、ある物を貯蔵することに。さて、そのある物とは一体...!?と、まるでなぞなぞのようになってしまいましたが、今日ご紹介する「高千穂観光物産館トンネルの駅」は、そのある物を求めて全国津々浦々からお客様が訪れるという人気の駅です。さて、そのある物とはいかに...?ということで、「高千穂観光物産館トンネルの駅」店長濱田亮さんにお話を伺ってきました!

小戸第二レッドソックス.jpg

九州は宮崎から始まり、発売14年のうなぎの骨微粉末「救骨さん」。牛乳の約200倍という豊富なカルシウムや、体を作るたんぱく質・コラーゲンを多く含んでおり、子どもさんからお年寄りまで、宮崎の頑張る人々を強力にサポートしてくれる心強い味方です。

そこで今回、その「救骨さん」を持って県内の頑張る皆様、宮崎市小戸のソフトボールチーム「小戸第二レッドソックススポーツ少年団」を訪問し、実際に試飲して頂きました。

宮崎杉.jpg

県土の76%を森林が占める緑豊かな宮崎県。かつて船の弁甲材として国内外で高値で取引されていた「飫肥杉」をはじめ、宮崎県は杉の生産量日本一を誇る林業県である。

 今日は、そんな林業県宮崎が誇る県産材杉の特性や有効性などを伺いに、宮崎大学農学部森林緑地環境科学科准教授 雉子谷佳男先生の元を訪ねた。

このアーカイブについて

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31