救骨さんシリーズ【チーム月知梅】

| コメント(0) | トラックバック(0)
チーム月知梅.jpg

九州は宮崎から始まり、発売14年のうなぎの骨微粉末「救骨さん」。牛乳の約200倍という豊富なカルシウムや、体を作るたんぱく質・コラーゲンを多く含んでおり、子どもさんからお年寄りまで、宮崎の頑張る人々を強力にサポートしてくれる心強い味方です。

そこで今回、その「救骨さん」を持って県内の頑張る皆様、宮崎市高岡町のゲートボールチーム「チーム月知梅」を訪問し、実際に試飲して頂きました。

月知梅集合写真.jpg―チームのご紹介をお願いします。

 私たち「チーム月知梅」は高岡町で活動するゲートボールチームです。60代~80代のメンバー13名で、雨の日以外はほとんど毎日練習しています。

チームの創設は平成5年からですが、このチームを立ち上げる以前は元々ソフトボールチームを結成していました。しかしメンバーの年齢が上がるにつれて、体力的にソフトボールを続けていくのが困難になったということで、これを機にソフトボールからゲートボールへと種目を移行したのが始まりです。

ゲートボールは高齢者のスポーツだと思われがちですが、現在は若い方の参加も増え、県内の大会では老若男女が入り混じった約90ものチームが集まり、九州大会、全国大会、そして最終的には世界チャンピオンを目指して戦います。実は私たちのチームは少し自惚れて言いますと()、県内でベスト10に入る程の腕前で、九州大会の出場も常連です。女性だけが出場できる県の女子ゲートボール大会でも、当チームの女性はすでに2回優勝を果たしました。ゲートボールは体力的にそこまで消耗することはありませんが、二手三手先のことまで考えた緻密な戦略が大切です。そのためには普段のチームメイトとの和や、毎日の練習が必要になります。幸い仲間同士で始めたチームですのでチームのまとまりは良く、チームのモットーとしている「健康と親睦と和」を深めるために、頻繁に行う飲み会等で互いの親睦を深めています()

717()に県大会予選が行われるそうですね。目標は。

もちろん優勝です。県大会、九州大会ともに未だ優勝の経験はありませんので、今回も初優勝を狙いたいと思います。

 

―顆粒スティックタイプを飲んだ感想を一言お願いします。

私は以前から救骨さんを飲んでいますが、以前と比べて飲みやすくなりました。なんだか少し甘い気がしますね。

―そうなんです!実は粉末を麦芽糖でくるんであるので少し甘く感じるようです。

なるほど、だから甘いんですね。以前のタイプよりくせがなくて美味しいです。それと、このスティックタイプは顆粒が小さくて飲みやすいですね。なんだか元気が出てきたような気がします!


救骨広告4C.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 救骨さんシリーズ【チーム月知梅】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/236

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30