株式会社美登タクシー

| コメント(0) | トラックバック(0)
美登タクシー.jpg

平成144月の創業から今年で10年目を迎える株式会社美登タクシー。ピンクと白のカラーラインが目を引く車体と丁寧な接客が評判で、女性客からの圧倒的な支持を獲得。なんと乗客の7~8割が女性という。

そこで、今日はその人気の秘密を探りに株式会社美登タクシー代表取締役山口登幸氏にお話を伺ってきました。

■これまでの経緯

 平成14年当時、美登タクシーの親会社である()山口運送の美登観光バス部門では、観光や冠婚葬祭等のニーズに対応しようと5台のタクシーを購入。次第に一般のお客様からのタクシー利用が増え、平成196月に株式会社として独立営業を開始することになりました。そこで業績アップの期待を一身に背負い、これまで㈱山口運送の社業に打ち込んでいた運送業務から一転、タクシー会社の社長へと就任した山口社長。「当時はタクシー事業の改革を、という目的で就任しましたから、けっこうプレッシャーもありました。新生美登タクシーの誕生に向けて事務所の配車係や無線担当、事務職、さらには現場の運転手までも一から雇い直し、接客から車両管理に至るまで徹底的に教育し直しました。人手が足りない所は自分でカバーし毎日2~3時間の睡眠で社内業務や街中を走り回っていました。」と苦笑い。労苦をいとわず働いた結果、業績は順調に伸びてきた。今では従業員130名、タクシー保有台数も102台(ジャンボ4台、中型2台、小型96台)に増え、知名度・認知度共に定着してきました。

 

■特徴・こだわり

渡辺さん.jpg

①清潔管理

 「料金を支払ってご乗車頂く以上、清潔な車両の提供は当たり前です。」新車と並んでも見分けがつかない程綺麗な車体は、洗車機を使わずに毎日手洗いするほどの徹底ぶり。他にも、車内のシーツが汚れた際はすぐに交換したり、出動前にはウイルス対策として必ず車内消毒を行うなど、車内外の清潔管理に余念がありません。

②接客応対

「お客様の身になってお出迎え」をモットーに、丁寧な言葉遣いや挨拶、ドアサービスなど、常にお客様の立場に立った接客を心掛ける同社では、「より多くのお客様にご利用頂く為に、オペレータの丁寧な応対、迅速な配車、そして心を込めた接客。この三点に重点的に取り組んでいます。」とのこと。「足もとよろしいですか」「お忘れ物はございませんか」などの小さな声掛けを怠ることなく、乗り心地の良い乗車空間を創出しています。

③安全への取り組み

お客様に安心してご乗車頂けるようにと、先月から0.000単位まで測定可能な高性能アルコールチェッカーを導入し、出勤前後にドライバー全員のアルコールチェックを実施しています。また、事故に関する勉強会や、警察署指導の防犯教室の開催など、事故や事件を未然に防ぐための努力も随時行っています。

 

■観光タクシー

 美登タクシーのもう一つの柱である観光タクシー。県内各地の観光スポットを効率よく回る手段として、県外からの人気が高いそうです。現在は18の観光コースが設定されており、青島や平和台等市内周辺を巡る「市内コース」、鵜戸神宮や飫肥城等周辺の「南部コース」、その他綾や高千穂方面など県内をくまなくカバー。もちろんお客様のご要望に基づいたコース設定も可能です。最近特に人気なのが青島から堀切峠、鵜戸神宮へと下る日南コースということで、JRの「海幸・山幸」号と併せた利用も徐々に増えてきています。さらに20年以上のキャリアを持つ知識の豊富なドライバーの観光案内も魅力の一つ。ホームページに詳しい概要や料金等が記載されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

田浦さん.jpg

■日南営業所

平成184月開所の日南営業所では、病院までの往復や介護利用といった高齢者の利用が大部分を占め、電話による配車依頼が一般的です。市内には5つのタクシー会社が点在しており、限定された市場の中「昨日まで顧客だったお客様が翌日には他社を利用していた」という事例が往々にあるようです。「固定客へと繋がるような利用者を増やすために、ドアの開閉や荷降ろしなど、お客様の身になった親切丁寧な対応を心掛けています。」と田浦所長。他社と共存共栄を図りながら、いかに多くの固定客を獲得するか。そのためにはやはり「お客様の身になってお出迎え」することが大切だと痛感し、社員教育に励んでいるそうです。「車内外の清潔管理はもちろん、昼夜問わずご利用いただけるように24時間対応しております。今後は介護タクシーの導入なども視野に入れながら、より一層お客様の立場に立った安心安全な営業・運転を心掛けていきたいと思います。」独自のマーケットで地域とともに歩み続ける日南営業所。見かけた際は気軽にご利用されてみては。

 

■今後の展望

 橘通りに沿ってずらりと並ぶタクシーの列。夜間の宮崎市内ではお馴染の光景ですが、飲食に出かける人々の減少に伴い、タクシーの利用者も年々減少しているとか。こうした厳しい状況の中で、さらに売り上げを伸ばしていくために「これまで以上にお客様の立場に立った接客、サービスを徹底していくことで他社との差別化を図りたい。」と心血を注ぐ山口社長。最後に「今後も大小様々なニーズに応えていきながら、地域ナンバーワンのタクシー会社を目指して努力していきたいと思います。」と抱負を語って下さいました。安心・安全・丁寧なタクシーを目指して、株式会社美登タクシーの挑戦はまだまだ続きます。

美登概要.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 株式会社美登タクシー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/228

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30