大分アリストンホテル

| コメント(0) | トラックバック(0)
アリストン(小林さん).jpg
 平成元年の創業以来、大分市民に親しまれてきた旧ワシントンホテルプラザが3月31日に23年間の歴史に幕を閉じ、4月1日からマーチャントバンカーズ(株)により「大分アリストンホテル」として新しく生まれ変わった。
今日は大分アリストンホテルの再建を手掛けたマーチャントバンカーズ(株)不動産金融部長 兼 大分アリストンホテルの統括部長 小林勇氏にホテル再建の経緯から今後の展望までをお伺いした。
DSC_2575.jpg

【新ホテル誕生】

―宮崎市の「ホテルグランディ宮崎」(旧宮崎ワシントンホテルプラザ)の再建を僅か1年で軌道にのせて、席を暖める間もなく今月からは「大分アリストンホテル」(旧大分ワシントンホテルプラザ)の再生を託されたそうですね。その経緯は?

小林 私がグランディの経営に携わっていた昨年末、大分市で23年間の歴史を持つ旧ワシントンホテルプラザが撤退の方針を固めたため、建物所有者様からその後の再建を担ってほしいというご要請がありました。同じワシントンホテルグループのホテルでもあり、大分市随一の繁華街の玄関口にある魅力的な立地。また官公庁・ビジネス街が徒歩圏内という高い利便性など宮崎のグランディとの類似点も多く、また、グランディの稼働率も前年同月比10%を上回る程に好転していましたので、宮崎で積み上げてきたノウハウを大分市でも試してみたいと考え、大分進出を決断しました。

新ホテル名の「アリストン」は、貴族・上流階級を表す英語のアリストクラシーと、朝食を表すギリシャ語のアーリストンの複合語としてネーミングしました。ワシントンスタイルの中でも当ホテルは広々としたリッチなロビーで、宴会場を備え、ブライダルも扱っているという、コミュニティホテルとしては豪華な施設です。また地元の方々をはじめ永年ご愛顧のお客様も多く、経営にあたっては一層の重責を感じている所です。

【新しいサービス】

―具体的な再建プランを教えて下さい。

小林 まずハード面では、各部屋に地デジ対応テレビを設置、廊下やレストラン等のカーペットを一新しました。客室内においては、これまでは必要なアメニティをフロントで渡すというスタイルでしたが、今後はフルセットをあらかじめ室内にご準備致します。ソフト面では、グランディで培った実績を踏まえ、宿泊料金は下げ、逆にサービスは強化します。具体的には14980円に値下げ、さらに豪華朝食付きです。当ホテルはブランドコンセプトからもご理解頂けるように、特に朝食に力を注いでおります。和洋中40種類のメニューが揃うバイキングに加え、九州各県自慢のご当地メニューを揃えた九州フェア、10種類以上からなるパン祭り、そして利き米と題したクイズを実施し、正解者にはプレゼントをお贈りする予定です。

―朝食の話になると一段と熱が入りますね(笑)。こだわりは何処から?

DSC_4700.jpg

小林 私自身が朝食を重視するほうなのです。戦いの前の腹拵えと云いますか、ビジネスマンの一日の活力源ですから。まぁ~、只の食いしん坊なのかもしれませんが...(笑)。食事については、当ホテルでは和洋中3タイプのレストランをご用意しております。1階の洋食レストラン&カフェ「アリストンテラス」では豪華朝食バイキングの他に、3人の女性スタッフが作るケーキのバイキングや、ステーキ食べ放題付きのディナーバイキングもお楽しみ頂けます。2階の「チャイナダイナー」では中国人シェフが腕をふるう80種類以上の本場中国料理をご堪能頂けますし、13階の「花しょうぶ」はホテルの新規オープンと併せて、敷居の低い居酒屋風の和食ダイニングに衣替えして復活オープンしましたので是非、お気軽にご利用下さい。その他、ホームページの新規立ち上げ、またグランディと共通してご利用頂けるポイントカードの作成、さらに無料朝刊やフリードリンクなど様々なサービスをご提供して参ります。

【今後の展望】

―再生に向けて様々な企画が始動していらっしゃるようですね。今後はどのようなホテルづくりをお考えですか。

集合アリストン.jpg

小林 2008年の大分国体を契機に周辺にはホテルが乱立。さらに低価格の潮流など、経営環境は厳しさを増すばかりです。しかし大競争の中、切磋琢磨しながらより多くのお客様にご満足頂けるよう、リーズナブルな価格と充実したサービスをモットーにして、他のホテルが追随出来ない、シティホテルのホスピタリティとビジネスホテルの利便性とを兼備えた、洗練されたアリストンブランドを構築したいと思っています。

 開業記念特別特典付きのお得なプランもご用意しておりますので、ぜひこの機会に、スタッフ全員の力で誕生した新しいアリストンホテルにお越しください。最後に、先日の東日本巨大地震で被災されました皆様へ心からお見舞いを申し上げます。

アリストン概要.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大分アリストンホテル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/217

コメントする

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31