道の駅都城

| コメント(0) | トラックバック(0)
道の駅都城.jpg
 宮崎市から10号線を南下していくと、左手に見えてくる熱気球が目印の道の駅都城。財団法人都城圏域地場産業振興センターの施設内に建てられた同店には、新鮮な地元野菜や宮崎のお土産品がいっぱい!今日はそんな道の駅都城の駅長畑中さんに、同店の魅力を存分に伺ってきました。

理事長挨拶.jpg

■概要

 平成1311月のオープン以来、年間約30万人ものお客様が県内外から訪れる大人気の道の駅都城。財団法人都城圏域地場産業振興センターの施設内に建つこの駅は、ばあちゃん本舗が運営するレストラン「グランマ」を併設した物産館と、都城の特産品や伝統工芸品、家具などが展示された展示コーナーがあります。元々、地場産業振興センターの「地場産品の展示、販路開拓」事業から発展して誕生した道の駅都城。物産館内には都城市の特産品がずらりと並びます。

地鶏.jpg

【都城和牛・豚・鶏】「日本一の畜産の街」都城市で誕生した都城和牛は但馬牛の種雄牛を系統的に選別したもので、とろけるような柔らかさが自慢の逸品です。また、コクがあってさっぱりとした味わいの都城豚や、第63東京ギフトショー準大賞を受賞したブーブータン、霧島山麓の綺麗な空気と水によって育まれた宮崎地頭鶏など、南の台地と人に育まれた本当においしい畜産物が揃います。

ブーブータン.jpg

【都城茶】かつて吟遊詩人の野口雨情が「日向なつかし都城は 霧の中から夜が明ける 見たか聞いたか都城は 茶どこまゆどこ米どころ」と謳ったほど、お茶の生産が盛んに行われている都城市。盆地特有の寒暖差によって発生する深い霧が旨味を醸し出す都城茶は、深い味わいが特徴の都城ブランドです。

【焼酎】恵まれた地下水や芋・米・麦などの原料を利用し、古くから焼酎の名産地として知られてきた都城市。なかでも広大な都城の畑地で育てられた黄金千貫という品種のさつまいもを使用して作られた芋焼酎は格別です。

焼酎3本.jpg

【都城大弓・都城木刀】宮崎県を代表する伝統的工芸品である都城大弓と都城木刀は都城市の生産が全国の89割以上を担い、古くから続く伝統と技術が伝承されています。

 

■今後の展望

 豊富な特産品が揃う道の駅都城では、今後さらに安全・安心・新鮮な「おいしいもの」の提案にこだわりながら、新しいオリジナル商品の開発を進めています。来年の4月には道の駅都城・大浦酒造・浜崎ファームの3社が共同で開発中の新しい焼酎が発売されるということで、発売日が待ち遠しいですね。また、物産館で購入した野菜やお肉を使った料理教室やお菓子教室など、地産地消を身近に体験できる催しも多数企画されています。こうした都城の特産品を全国に広めるために、首都圏でインショップを展開したり、各地の道の駅と連携して物産の交流を図るなど、都城発の特産品は全国へと広がっています。「地場産品の豊富な町なので、ご来店頂ければ必ず美味しいものが見つかると思います。ぜひお立ち寄より下さい。」と畑中駅長がおっしゃる通り、自分のお気に入りの一品を見つけに気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

■イベント情報 

口蹄疫によって疲弊した畜産業の再建と、地域経済の復興支援の為に「きばっど!!都城」を合言葉に、1127()28()の二日間、道の駅都城及び屋外特設テントにて「道の駅都城まつり」が開催されます!新鮮な朝どれ野菜の即売や、都城和牛串・鶏の炭火焼の実演販売、精肉の販売など、催しが盛りだくさん!時間は午前9:30から午後16:00迄です。皆さんふるってご参加ください!

【イベント内容】

27 先着100名様に手作りの甘酒をサービス

9:3016:00 似顔絵師増本貴美子氏による似顔絵描き

13:30~   「猫ひろし」1日駅長

28 先着100名様に南九州の特産品をプレゼント

 刃物研ぎサービス(お一人様一本限り無料、二本目以降は有料)

先着100名牛串500円を250円(お一人様一本限り)

都城概要.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 道の駅都城

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/198

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30