こばやし温泉美人の湯

| コメント(0) | トラックバック(0)
Bこばやし温泉.jpg

名水の里と謳われる小林市。その清らかな源泉を、そのままかけ流しで贅沢に楽しめると大人気の「こばやし温泉美人の湯」。オープンから1年半という日の浅さもなんのその、毎日たくさんのお客様が訪れるというこちらの温泉、何やら人気の秘密は泉質にあるようですが...。そんな気になる「こばやし温泉美人の湯」の魅力を館内スタッフ菊池さんに色々と伺ってきました!

 

美人の湯夜景.jpg

宮崎市から268号線を経由して小林市に向かう途中、私の目に飛び込んできた「美人の湯」の看板。美人と聞いたら行かないわけにはいかない!ということで、やってきたのがここ、こばやし温泉美人の湯。国道から1本入った、いわば隠れ家的なこちらの温泉は、オープンが平成20年の12月とまだまだ新しい施設。...にも関わらず、1日平均250人ものお客様が来られるという大人気の温泉です。施設内には、男女湯ともに40度・43度と温度の異なる2つの内湯、景色のきれいな露天、四方八方から泡が出る泡風呂、そして乾式のサウナが揃う充実した種類の温泉。さらに女湯には3637度の歩行浴を完備。現在はもう一つ、窯風呂も追加しようかと検討中なんだとか。そして、ここの温泉の一番の特徴は、なんといっても地下1000mから汲み上げるたっぷりの天然温泉を、源泉のそのままかけ流しで堪能できることに尽きます!湧出時は無色透明だったお湯が、空気に触れると酸化して赤褐色になるそうで、このお湯に浸かるとお肌がつるつるになるんだとか。菊池さん曰く「湯あがりはみなさんより一層美人に見える。」とのこと。さらにお客様によっては、温泉に浸かって膝の痛みが和らいだとか、お湯を飲んで胃痛がおさまったとか...。(ちなみに、飲料水の販売はないそうですが、飲用は可能と言う事です。)現場で働く菊池さんも泉質を確認する為に毎日手足だけ浸かるそうですが、「どれだけお湯に触っても、そのたびに「あぁいい湯だなぁ」と感じるんです。」と、満面の笑みでお話しして頂きました。温泉に入るだけで体はぽかぽかに、そして美人にもなれるなんて、なんてありがたい一石二鳥の効果!もう一つ言えば、スタッフの明るい接客も同店の魅力。ぜひともこの魅力を実際に試してみてください!

露天2.jpg

地域のお客様はもちろん、県内外のお客様も多いということで、営業時間は朝10時からゆっくり夜の22時まで。お勧めの体験コースとしては、まずはゆっくり温泉を楽しむ。あがった後は併設されているお食事処でワンコインランチを堪能。そして隣の休憩室でゆっくりお休みして、帰宅前にもう一度温泉に。これだけ満喫しても1600円でOKなので、ご家族で、お友達同士で、カップルで天然温泉に癒されちゃってください!

開泉物語.jpg

こばやし会社情報.jpg

Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: こばやし温泉美人の湯

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/187

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30