(株)サクラドリームゲート

| コメント(0) | トラックバック(0)
サクラドリームゲート.jpg

県下有数の桜の名所として有名な宮崎県高城町の観音池公園。その桜並木道を抜けると、山あいの緑の中にひっそりと佇む茶色い建物...それが「ベーカリーキッチンSAKURA」だ。こんな山の中に?と驚くことなかれ、場所柄関係なく、同店はいつも開店前から多くのお客様が並ぶほどの人気店。しかしさらに驚くべきは、このベーカリーキッチンを運営しているのが都城市の老舗建設業者「大淀開発()」だということである。今日はこの大淀開発()専務と新会社()サクラドリームゲート常務を兼任する堀之内秀一郎さんに異業種参入に至った経緯や、同店の魅力などをお伺いした。

―地元都城市50年に渡り中核企業として経営を続ける同社。建設業からの異業種参入が大きな話題になりましたが、その経緯を教えて下さい。

堀之内 当社は「地域の皆様と共に繁栄する企業」を経営理念として事業展開を図ってきましたが、昨今、建設業界に対するお客様からの要望は多様化しており、より柔軟に対応していく為には技術だけでなくサービス業としての要素が必要だという認識が高まっておりました。その一方で、公共事業の縮小など先行き不安な現状にあり、なんとか次の核となるような柱を作っておかなければという危機感も相まって、新規事業の立ち上げが決定しました。そこでどの分野を手掛けるか検討していたところ、都城市高城地域交流センターが指定管理者の公募を始めるという情報を入手しました。その施設にはパン作りを体験出来る機械や作業場があり、ここを利用することで、一からお店を立ち上げるのではなく、既存の建物を有効に活用しながらサービス業の要素を同時に学べるという利害が一致し、そこからベーカリーキッチンSAKURAの開店へと至ったのです。

 

工場内観.jpg

-しかし全くの異業種進出、ご苦労も多かったのでは。

堀之内 通常飲食店の立ち上げには1年程要するものですが、市管轄の施設ということで、応募前から運営開始日が決定しており、準備期間は3カ月しかありませんでした。もちろん私達はパン屋の立ち上げなど全く初めてでしたから、仕入れの仕方から始まり、メニューの構成や単価の付け方、チラシ作製や内装デザイン、そして肝心のスタッフ募集まで、全てを僅か3カ月間で完成させなければなりませんでした。初めのうちは他店での実績があるパン職人の方にコンサルティングを行ってもらいながら、社員一同「やるからには手作り感にこだわった美味しいパンを作りたい。」という思いで足並みを揃え必死に動き回りました。その思いが伝わったのか、良いスタッフや業者の方に恵まれ、さらに地元の皆様にも多くのご支援を頂きながら、なんとか平成194月にSAKURA高城本店を開店させることが出来ました。当該の地は国道から1本それた山に囲まれた場所にあるんですが、大変ありがたいことに、パンや料理への評判が評判を呼び、多くの方々にご来店頂きました。その1年後にはイオンモールに出店させて頂き、ご協力頂いた方への感謝は語りつくせません。来月でいよいよ開店より丸3年目を迎えます。ですが当時を思い出すと、もう二度と同じ経験はしたくないというくらい苦労の連続でしたね(苦笑)。

 

-イオンモールMiELL都城駅前店への出店をきっかけに同社、そしてセントラル工場を立ち上げられたそうですが。

工場外観.jpg

堀之内 高城本店での成功を機に当社独自のノウハウを確立させ、事業規模を拡大していこうと、新会社()サクラドリームゲートを平成2011月に設立しました。と同時に、今後の店舗拡大に向けて、また、卸しやネット販売の可能性を探るためにセントラル工場も増築しました。現在イオンモールMiELL都城駅前店へのパンの供給はこちらの工場から行っております。今年の4月から高城本店も大淀開発()から()サクラドリームゲートへと運営母体を変え、従業員数も40名を超える新体制になります。当社名には、これからSAKURAをもっと大きくしていこう、まだ自分達は夢の入り口なんだという意味が込められているんですが、今後SAKURA事業が更なる発展を遂げた暁にはゲートを外して「()サクラドリーム」に、最終的にはドリームも外して「()サクラ」という社名にしていきたいと考えています。少々青臭い命名法ではありますが、理念を謳うより伝わりやすいのではないでしょうか()

 

-店舗はオープン以来客足が絶えることなく毎日大忙しのようですね。両店はどのような店づくりを行っているのですか。

堀之内 高城本店は「田舎を楽しむ」というコンセプトのもと山あいに立地している為、当店を目的に宮崎市内や遠方からご来店頂いております。そこで、そんなお客様にほっとくつろいでいただけるよう、アットホームな雰囲気作りを心掛けています。一方イオンモールMiELL都城駅前店は95坪という店舗面積の広さとショッピングモールという特性を生かして、「スタイリッシュさ」をコンセプトに、都会的な雰囲気を楽しんでいただけるような空間づくりに努めています。両店とも生地から手作りで焼き上げる当社自慢の美味しいパンと合わせて、ビュッフェスタイルのバイキングを楽しむことも出来ます。私自身美味しい物を食べることに目がないので、ぜひお客様にも美味しいパンと料理を楽しみながらお腹いっぱいになって頂けたら嬉しいですね。

 

-今後の展開は。

堀之内 大淀開発()の企業理念である地域に根差した経営を今後も展開していきたいと考えています。具体的には、地元食材の利用促進やサービス業のスキルを磨きながら、地域のお客様に親しまれるような店づくりに努め、より多くの方々にこだわりの詰まった手作りパンを食べて頂きたいと思います。一方で、慣れ親しんだ地元宮崎県の美味しい食材を全国の方々に召し上がって頂きたいという思いもあり、宮崎県でSAKURAブランドが定着した暁には福岡・東京等への規模拡大も視野に入れていきたいと考えております。

また、本業は建設業ということで世間的に固いイメージを持たれているようですが、洗練されたSAKURAのイメージをリンクさせることによって、互いのノウハウを生かした、相互にプラスに働くような仕組みづくりを行っていく予定です。現時点では、当社売り上げは本業全体の35%に過ぎず、まだまだ微力です。ゆくゆくは本業の不足分を埋めていけるよう、会社全体で一体となって成長していけたらいいですね。

 

―お忙しい中ありがとうございました。        (聞き手・酒井里佳)


野崎店長.jpg

松原店長.jpg
パンランキング.jpg

Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: (株)サクラドリームゲート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/162

コメントする

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31