多田産業株式会社

| コメント(0) | トラックバック(0)
多田産業.jpg
西都市の誘致企業第一号として、昭和12年に創業した多田産業株式会社。国内唯一の国産剣道具製造メーカーとして、日本はもとより、海外への輸出も盛んに行われている。今日は、多田産業株式会社取締役部長山田弘顕さんに国産の素材にこだわった商品づくりへの思いなどを中心に伺った。

―まずは御社のご紹介を。

山田 当社は明治時代より続く日本古来の武術である剣道の防具や、その関連商品を製造・販売する会社です。日本人特有の剣の道に通じる心技体や武士道の精神、そして伝統を守り続ける為にも、日本の地で、国産の素材を使って製造を行いたいという初代多田一萬社長の理念のもと、昭和12年の創業当初より仕入れから製造、販売に至るまで一貫して国内で行っています。

 

―御社は国内で唯一国産防具を大量生産できる会社として知られていますが、国産品の良さとは。

山田 防具や袴を見て頂くと分かる通り、剣道武具のほとんどが濃紺色をしていますが、これは素材を全て武州藍染しているからです。藍には殺菌作用があり、これを煮出した成分に生地を漬け込みます。防具を擦ると手に藍色が付きますが、職人さん達は毎日これを手作業で縫い、手を真っ黒にしながら頑張って下さっています。また、皮素材は鹿皮・牛皮を使用しており、生地から皮に至るまで、創業当初から変わらず材料は全て国内で調達しています。国産であれば、仕入れ先に出向いて製造工程を実際に自分の目で確かめる事が出来るうえ、万一不具合が生じた場合も原因の追及・調査が可能ですので、大変信用が高いと言えます。

 

―製品へのこだわりは。

山田 剣道具は面・胴・甲手・垂のどの部分においても、直接身につけて体を守るものですから、万一壊れてしまっては大変危険です。丈夫で長持ち、そして何よりも安全面を第一に考え、さらには動きやすさや素材の軽量化、耐久力に至るまで日々工夫・研究を重ねながら、素材一つ一つの細部にまでこだわった防具づくりを行っております。

当社は普段カタログに沿った商品を生産していますが、最近では海外の類似品が格安で出回っているため、価格での競争ではなく、各小売店様独自の特色を生かしたオリジナル製品づくりに力を入れています。長い間ご愛顧頂いている全国の小売店様や先生方からは「多田さんの剣道具は何十年も壊れないし、長持ちしすぎだよ()。」と、大変ありがたいお言葉を頂いております。

 

製造工程紹介.jpg

―お話にも出てきた海外製品について、国産のものとの違いは。

山田 昨今中国、韓国、東南アジア等の海外製品が格安で国内に出回っており、決してそれらが悪いというわけではありませんが、例えば修理にお持ち頂いた防具の中を開いてみると、「こんなものが...」と思うような物が入っていることもあり私たちも驚いています。特に最近はインターネットの写真だけで商品を購買してしまうので、その良し悪しを判断するのは難しく、衛生面・安全面での心配が残ります。これらを踏まえ、当社では先に述べたような信頼のおける製品作りと、不具合への対応も万全を期しておりますので、ぜひ一度ご使用頂いて、当社商品の良さを実感して頂けたらと思います。

 

―お話は変わりますが、剣道は日本だけでなく世界中で盛んに取り組まれているようですね。近年は欧州への輸出量も増加しているとか。

山田 初代社長のお孫さんである多田竜三氏がパリを拠点として、欧州全域に当社ブランドである八光印(はっこうじるし)の商品を紹介しながら回っています。剣道人口は世界的にも多く、欧州でも剣道は盛んに行われています。そこでも日本同様に格安製品が多く出回っているようですが、彼が現地で説明しながら実際に使用してもらっているので、しっかりと当社商品の良さを実感してもらっているようです。お陰様で、欧州への輸出額も次第に伸びています。有難いことに、欧州では9月が新学期ということで商品の製造ピークは夏場になり、国内の新学期に合わせた繁忙期である冬~春場と分けて、ここ2~3年は一年を通して忙しく生産させて頂いています。

 

―今後はどのような展開をお考えでしょうか。

山田 当社商品は宮崎県伝統工芸品の認可を受けており、今後はこれを生かして、例えば旅行会社とコラボレーションして西都市の伝統品を辿るルートの開発など、もっと多くの方に当社の商品・存在を身近に感じて頂けたらと思います。

併せて、当社では八光印というブランドを有しており各小売店様からの高い認知を頂いておりますが、実際に使用されるユーザー様への浸透はあまり高いとは言えません。ですので、今後は八光印の認知度向上に合わせて、こだわった商品づくりを世界中の人々に広めていきたいと思います。その一環として、昨年ホームページを開設しました。製造工程や商品紹介を展開しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

―最後に読者の方にメッセージなどございましたら。

山田 スポーツにはそれぞれ特徴がありますが、剣道は日本で生まれた武術で「礼に始まり礼に終わる」と言われるように、心技体ともに健全な精神の育成に大いに役立つスポーツだと思います。練習は厳しいかもしれませんが、それによって道徳心が養われ、またチーム全員で戦うというチームワーク精神や協調性も培われていきます。ぜひ剣道を通じて、たくさんの子供たちにこの精神を学んでもらいたいですね。

 

―お忙しい中、ありがとうございました。

         (聞き手・酒井里佳)

会社情報132.jpg


Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 多田産業株式会社

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/156

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30