紙ひこうき

| コメント(0) | トラックバック(0)
紙ひこうき.jpg
地元都城初の洋菓子専門店として創業を開始して以来、お客様の「美味しい。」の一言の為に、ひたすら邁進してきた紙ひこうきが今年20周年を迎えた。そこで、今回は紙ひこうき表取締役中石さんに20年を振り返ってのこれまでの軌跡や今後の展望などをお伺いした。

―この度は創業20周年おめでとうございます。この20年を振り返ってみていかがですか。

中石 33歳で独立して、そこから20年間洋菓子一筋で一生懸命頑張ってきました。この20年間を振り返ると、よくぞ皆さんにここまで支持して頂いたなと、本当に感謝、感謝です。というのも、以前は「企業は20年」と言われていましたが、これだけ厳しい経済状況の中、今や10年間お店を継続させることは大変難しいと言えます。しかも当店のような小売店ではさらに、です。それがオープン当初から20年間ずっとご来店頂いている方や、当店のケーキではないとだめだと言って下さる方々に支えて頂いて、ようやくここまでこられたのだと思います。本当に感謝の一言に尽きますね。

 

―これまでで嬉しかったことは。

中石 やはり、お客様からの「ありがとう。」の言葉が一番嬉しいですね。本来なら当店の商品を買って頂いてこちらが御礼を言うべきなのに、お客様から「ありがとう。」と言われると本当に嬉しく感じます。特に紙ひこうきではバースデーケーキが2店舗合わせて140台以上出る人気商品なのですが、そちらをお渡しする際「もう紙ひこうきのケーキじゃないと子どもが喜ばないんです。」と言われた時はとても嬉しかったですね。他にも、新店を立ち上げた際にお客様からお葉書やご祝儀を頂いた時は、創業時から変わらずお客様へ感謝の気持ちを伝え続けてきたことが認めて頂けたのだなと大変感悦しました。一洋菓子店として、お客様にここまで思ってもらえるということは本当に幸せだと思います。

 

―反対に苦労したことは。

中石 洋菓子の洋の文化と日本の和の食材を融合させるのがなかなか大変です。どんなに自分が美味しいと感じた商品でも、お客様に支持されずに販売を終えた商品が全体の8割はあります(苦笑)。一方で、創業当時から人気の高いチョコロールや、霧島高原チーズなど、お客様に美味しいと認めて頂いた残りの2割が現在店頭に並んでいるのです。まぁ、こういった毎日の試行錯誤は、苦労というよりも職人の世界では当たり前のことですので、楽しみながらやっています。


クリスマスケーキ.jpg

―モットーは。

中石 月並みですが「お客様に支持されなければお店は存続できない。」ということです。紙ひこうきは地域の皆様の為のお店だと思っているので、お客様から「ありがとう。」と言われるようなお店、商品でなければ駄目だと考えています。ですので、何に対しても「お客様に支持される店とはどんな店なのか。」「どんな商品が支持されるのか。」と、お客様の視点に立って物事を判断するようにしています。

―味へのこだわりは。

中石 味へのこだわりは「美味しいもの」これ以外はありません。食の専門店として、商品が最高に美味しいものになるように、最高の食材を使用するのは当然のことです。最近では、「○○にこだわっています。」と食材へのこだわりを全面に打ち出す方もいらっしゃい

ますが、私の場合、そういったこだわりを支持しすぎると、お客様目線から外れた偏ったものになってしまいそうな気がするのです。ですので、あくまで味の基準はお客様にとって美味しいかどうか、これに尽きます。もちろん、商品一つ一つは当店オリジナルの味でどこにもないお菓子ばかりですので、そういった意味では、こだわりというよりも商品ごとの個性と言いますか、その個性がお客様に支持されているのだと思っています。


―今後の展望は。

中石 お菓子業界は今、拡張の時代から安定期へと変遷しています。ありとあらゆる物が流通・飽和している現代では、これまでのように商品の見栄えだけではなく、素材本来の美味しさを活かす、本質重視型へと変化していくのではないかと思います。そのため、今まで以上に地元の果物や食材が見直され、地域の風土に即したお菓子作りが主流になっていくのではないでしょうか。そして、これこそが20周年を迎えた紙ひこうきが今後お店を継続させていく鍵になります。地元の皆様と共に歩んできた紙ひこうきは、地域の菓子専門店として、都城市の食文化の上に土壌を築き、より一層中身を凝縮させながら50年、100年続けていけるようなお店として、今後もますます努力していきたいと思います。

 

―本日はお忙しい中、有難うございました。

 

ズコット.jpg

 

四万石.jpg

【お問い合わせ】

■広原店 

住  所:〒885-0036 都城市広原町15141 

電  話:0986232355

営業時間:平 日/9002100

日曜日/9002000

 定休日:なし

 

■都原店

 住  所:〒885-0094 都城市都原町211

 電  話:0986462002

営業時間:平 日/9002100

日曜日/9002000

 定休日 :なし

 

Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 紙ひこうき

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/144

コメントする

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30