フェニックス・シーガイア・リゾート ブライダル部 部長 須賀 雄樹さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

ウエディングフェスタ.jpgゲストハウスの進出などを受けて競争が激化するブライダル業界。フェニックス・シーガイア・リゾートでは県内初の「ウエディングシミュレーションシステム」を導入し、パソコン上で挙式や披露宴が疑似体験できる新しいシステムを導入。7月13日にはウエディングフェスタも予定されており新商品の発表などが注目されている。フェニックス・シーガイア・リゾートブライダル部の須賀部長にお話を伺った。

AGI2692.jpg
最近のブライダル事情はどのような傾向にありますか

 

県内にもゲストハウスなどの新しい施設ができ、それに対応して既存の施設やホテルなども新しいプランを導入して競争も激化し、凌ぎを削っています。私共、全国にある7つのシェラトン系列のホテルの状況をまとめてみますと、都会ではハウスウエディングの一大ブームに対抗し、お客様のニーズに合わせてホテル側も変化しホテルウエディングの良さを追求していった結果、お客様が戻って来ている傾向があります。宮崎のシェラトンでも1月のブライダルフェアをきっかけに「驚きと感動のウエディング」を基本コンセプトに、今までにない新しい驚きと感動を追及し、提案してまいりました。

 

なかでも「パインテラス」などの新しい空間でのウエディングは斬新で問い合わせも増えているとか

 

全国的にも「アットホーム」をキーワードに少人数の披露宴も増えています。シェラトンならではの「サミットホール」などを利用した大人数の披露宴も相変わらず人気ですが、「少人数でもできるのですか」という問い合わせも増えています。レストランウエディングの「パインテラス」での披露宴もアジアンチックで落ち着いた雰囲気ですし、またガーデンを使っての演出もできるということで注目を集めています。またその他にもお客様の人数やプランに合わせた様々な会場があるのもシェラトンの強みです。

 

また今年は「ウエディングシミュレーションシステム」も導入され、挙式や披露宴をパソコン上で疑似体験できるとあって評判が良いようですね

 

今までプランや演出、会場をどうやってお客様にイメージをお伝えするかが課題でした。このシステムを導入してから一目瞭然、お客様が色々なパターンをシミュレーションできますので、カタログなどではなかなかお伝えしにくい細かい部分まで疑似体験できるようになりました。

 

 お客様はパソコンのタッチパネルで項目を選び、たとえば会場選び、テーブルクロスの色や花、そしてドレスの色と会場がマッチしているか、またその時のBGMやウェディングケーキはどれがふさわしいかなど、何通りも会場の雰囲気を体感することができます。今後さらにバージョンアップすることで、見積もりまで即座に作ることが可能となります。このシステムの導入でお客様との会話も弾みますし、とても便利になりました。

 

多様化するお客様の一つ一つのニーズに対応することはとても大変なことですね

 

どんな要望にも絶対「ノー」は言いたくないですからね。お客様のニーズに応えることはもちろんですが、お客様の本当の願望は何なのか?お客様の要求されていることをどう引き出していくかがとても必要なことだと思います。その為には、お客様との距離を縮め、こちらも提案し、信頼を頂きながらお客様に安心感を持っていただくことが鍵だと考えています。

 

7月13日、日曜日のウエディングフェスタに注目が集まりますね

 

ドレスショー、模擬披露宴、模擬挙式なども含め「シェラトン」のウエディングを見て頂きたいです。披露宴当日のイメージが湧くモデルルームは4会場作る予定です。またこのフェアーの目玉でもある新しいパッケージプランの提案として、43階の海の見える見晴らしのいいチャペル「エル・シエロ」で挙式して頂き、42階のイタリアンレストラン「リストランテ アガペ」とバーの「グラン・シャリオ」、「Stella」を披露宴や二次会などで貸切にし、宿泊は41階のフロアーにお泊り頂くという、ホテルを贅沢に楽しんで頂くホテルウエディングならではのプランを発表します。他にも新しい提案をしておりますので、皆さんにも是非お越し頂きたいですね。

 

リゾートホテルならではの日常から離れたくつろげる空間をこれからも提案していきたいとか

 

 披露宴にご出席のため、県外などの遠方の方が来られる場合、披露宴の前日に来られたり、披露宴当日宿泊されたりと、2日間ぐらい余裕を持ったプランで来られる方も多いので、そういった方がホテルにお泊りになり、充実した施設とクオリティーの高さで、リラックスしたホテルでの時間を楽しんで頂きたいと思います。

 

 披露宴を挙げられた新郎、新婦様にも一年間有効のシェラトンのスイートルームの宿泊券をプレゼントしておりますが、これをきっかけとしてホテルの良さを感じていただき、日頃からライフスタイルの一環として気軽にお越し頂きたいです。一般的にホテルは敷居が高いと考えていらっしゃる方も多いようですが、もっと気軽に使って頂きたいです。そのためにも一般の方が、ホテルを日頃からご利用して頂く為の環境作りを考えています。

 

 また「シーガイア」全体の施設で楽しんで頂けるよう新たなプランを提案し、その良さをもっと伝えていきたいですね。たとえばゴルフ場で式を挙げるとか、「ラグゼ一ツ葉」や、「コテージ・ヒムカ」を利用するなど、リゾート施設を最大限に活用した「シェラトン」でしかできない結婚式、新しい提案を発信していきたいです。これからは挙式と観光を兼ねたリゾートウェディングにも力を入れるべきでしょう。

 

 今まではお客様に一つ、一つを選んでいただく「オーダーメイドウエディング」が基本でしたが、一方で、新たなパッケージ商品も作り、お客様にもわかりやすい楽しいプランも作っていきたい。シェラトンのブランドでもある、「心地よくて、温かくてお客様と繋がりができるような」そんな気持ちでこれからも邁進していきたいです。

 

●須賀 雄樹(すが ゆうき)さん  ※大学を卒業後、平成5年、オーシャンドームがオープンしたその年にフェニックスリゾートに入社。以後、人事課に配属となり人材育成の仕組みを作る仕事などを中心に15年間勤務。昨年の8月からブライダル部の部長に配属になり、感動や幸せを追求する仕事と、接客の楽しさを感じているこの頃だ。仕事がオフの時は、小学校4年生のお子さんと一緒に電車に乗って散策するのが楽しみという子煩悩なお父さんでもある。

 

Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フェニックス・シーガイア・リゾート ブライダル部 部長 須賀 雄樹さん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/94

コメントする

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31