カネ政商店 .jpg
27
日より「みやざき初かつおフェア」が始まった。この催しは宮崎の新鮮なかつおの旨さや魅力を消費者に広く知っていただこうと、県内の水産業界関係者が一体となって取り組んでいるもので、来月6日まで「みやざき初かつおフェア」というのぼり旗のある鮮魚店や量販店、また外食店、直営店などを中心に行われる。

 

本県の近海かつお一本釣りの漁獲量は全国1位(平成18年)を誇り、生産額も22年連続で全国トップに輝いている。このほか沿岸まぐろのはえ縄漁獲量も全国1位と本県は漁業も盛んだ。

 

こうしたなか今回は、宮崎に水揚げされた魚介類を中心に県内をはじめ東京など県外にも広く発信している、水産中卸業・加工業の㈲カネ政商店(宮崎市=長谷川栄次社長)を特集する。

 

総支配人 山本達雄.jpg
年間約80万人の観光客が訪れる宮崎県綾町にある「酒泉の杜」は今年11月で創立20年を迎える。ゴールデンウィークなどの行楽シーズンを前に、4月8日にはリニューアルオープンも予定され、新しく生まれ変わる「酒泉の杜」に期待が集まっている。地元に貢献できる企業を目指して躍進を続ける「酒泉の杜」の山本総支配人にお話を伺った。

このアーカイブについて

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31