宮崎大学 谷口義信 名誉教授.jpg

  暖冬かと思えば、寒さの厳しい日が続いたりと、体調管理に四苦八苦。こんな時季に有難いのが温泉である。美しい自然に囲まれた温泉につかって、この上ない幸せを感じるのは誰しも同じであろう。しかし、その恩恵に与るばかりでなく、火山の地熱により湧き出る温泉地があるということは、火山災害の危険性もあることも心しておかなければならない。

  昨年12月から、火山活動に応じて必要な避難計画を行うための「噴火警報」が発表されるようになった。宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山も、その対象となっている。

そこで、砂防学の専門家である宮崎大学:谷口義信 名誉教授にお話を伺った。

宮崎重量機工.jpg
機械器具設置業の㈲宮崎重量機工(宮崎市=下條理社長)がこの度、事務所と倉庫を新築した。

今回は本県を拠点に全国一円に幅広く事業を展開している同社を紹介する。

 

アービスホーム谷口正博社長.jpg

宮崎市旭1丁目にある「アービスホーム」 は創業11年。一般木造在来工法およびポスト&ビーム工法・ツーバイフォー工法等による新築住宅事業、ログハウス・ドームハウス等のビッグフット事業・増改築などのリフォーム工事事業、その他住まいに関する全ての業務を行っている。「アービスホーム」では、住宅のデザインに普遍性を求め、永年住み続けていく中での満足感と快適性を大切にしている。社員の平均年齢も27歳と、勢いのある会社だ。明るくパワーのある谷口社長にお話を伺った。

宮崎善仁会病院.jpg
2008年を迎えた。お節にお雑煮の食べ過ぎ、はたまた暮れの忘年会から新年会と飲み続けで、あなたのお腹周りは大丈夫

人知れずお腹をつまんで、メタボを気にしている人も少なくないのでは・・・。

20084月から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の「特定健診」「特定保健指導」制度が実施される。

そこで詳しい内容などについて、医療法人善仁会 宮崎善仁会病院院長の中津留邦展先生に、お話を伺った。

宮崎大学 住吉学長.jpg

宮崎大学 学長 住吉 昭信 氏に聞く。

宮崎大学 高崎眞弓 病院長.jpg
―まず宮崎大学医学部附属病院の簡単なご紹介を。

髙崎 本院は、医師養成教育機関として昭和5410月に開設され、平成6年に本県唯一の特定機能病院の指定を受けた中核的な医療機関です。現在、18の診療科とそれらをサポートする約20の中央診療施設があり、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、診療情報管理士など約1000人の職員が診療を支え、時と共に変わる疾病構造の変化にも適切に対応できる体制を整えております。

男女共同参画センター.jpg男女共同参画社会基本法が制定されたことを機に女性交流センターの拡充をと平成13年9月にオープンした「宮崎県男女共同参画センター」。男女共同参画社会づくりを目指す拠点として年間を通して様々な社会活動が行われている。所長の岩村さんに男女共同参画社会への思いを自らの体験を通して語っていただいた。

 

このアーカイブについて

最近の記事一覧はトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30