㈱ドリーム・コミュニティ 社長 桑水流 優 氏

| コメント(0) | トラックバック(0)
ドリーム.jpg
中心市街地活性が注目される中、リニューアルオープンしたカリーノ宮崎の中に、団塊パワーを結集してブライダルサロン&フォトスタジオをオープンさせた㈱ドリーム・コミュニティ代表取締役社長の桑水流優氏にお話を伺った。
店内.jpg「10月25日にオープンして、ようやく走り出したばかり。どたばたしながらも、少しずつ肉付けができてきたかなというところです。」と語り始めた桑水流社長。

フェニックス国際観光に入社し、佐藤棟良元社長の下でホテルマンとしての豊富な経験を積んだ桑水流社長が、第3セクターとしてのフェニックスリゾート立ち上げに関わり、経営破綻も経験。新会社としてのホテル総支配人などを務め、シーガイアを退職したのは、今年3月だった。

「7月に㈱ドリーム・コミュニティを設立し、10月にブライダルサロン&フォトスタジオをオープンと、ここまで全速力でやってきました。いよいよ、これからが本領発揮です。」

社名の由来は?ドリーム・コミュニティ...直訳すると、夢共同体。いろんな人が集まって、夢を形にできたらいいなという思いが込められているのだそうだ。

夢を形に...実は、桑水流社長の小学生時代からの夢のひとつが、いつかは会社を起こして、自分で何かをすることだった。
57歳での起業・夢の実現に、家族の反対はなかったのだろうか。

「家内は大反対でした。仕事先はいくつもあるのに何故...と。それは不安ですよね。ケンカではありませんが、ずいぶん言い合いもしました。
でも、自分の人生の中で、今やらなければ...60歳を超えたら無理、今しかないと思ったんです。」

気持ちを同じくする仲間が集まった。ドリーム・コミュニティの最年少スタッフは48歳。正に熟年・団塊パワーの結集である。

「同世代、団塊世代でも、能力を持った人は沢山います。そんな世代が働ける場所を提供したいという気持ちもありました。」

人生も、そして社会経験も積み重ねてきたスタッフだからできることがある。
熟年・団塊パワーは、いい意味で頑固さを持ち合わせたパワーだという。
来客の話をじっくり聴いて、練り上げて、いいものを提案できる人材、世代が揃っている。
桑水流社長自身、もてなしの心を基本としたホテルマンとして、営業からブライダルの現場、運営と全てを経験した。
県内外の観光業、観光関係者との人脈も最大限に活用できる。

「相談にみえた方には、大いに夢を語ってもらいたいんです。例えば、人のしないような霧島山系の山の上でとか、太平洋を見下ろすサボテン園で結婚式をしたいとか、そんな夢を具現化して差し上げる、どんなニーズにもフレキシブル(柔軟に融通をきかせる)な対応をしたいと考えています。」

その上で、若いカップルには、結納の大切さも伝えたいという。

「古い考えかもしれませんが、結婚は家と家の結びつきですから、結納の価値観はしっかり伝えたいですね。私の中では、ある意味、結婚式より結納の方が重要だと思っています。ですから、新郎新婦にはそれを説いて差し上げたいですね。」

結婚するのは、若い世代ばかりではない。人生80年時代。離婚や死別で第2・第3の人生を...という人もいくらでもいる。
実際、福岡の50代の男性からも、これからの人生のよき伴侶・パートナーが欲しいという相談がきているという。

同世代だから伝わる思い。相談もしやすい。正に本領発揮の分野かもしれない。
そこで、来年4月からは、40代50代以上のパートナーとの出会いの場作りもスタートさせる予定だ。

ブライダル関連だけでなく、宮崎へ貢献したいという思いもあり、県の移住キャンペーンに呼応して、大阪から既に2件受けている移住希望者の相談を具現化するために、インフラ整備を含め市町村と相談しながら動いている最中だ。
これから、業務の幅を広げるに応じて、スタッフの雇用創出(もちろん、熟年・団塊世代)も見込んでいる。

佐藤棟良元社長が社是として掲げていた「誠心」
誠を尽くせばわかってもらえる、誠の心が何より大切であるし、これからも心がけて生きたいと語るドリ-ム・コミュニティ、夢共同体の桑水流社長の最終的な夢は?

「新しい村づくりをしたいんです。社名の通りのコミュニティづくりですね。全国から人が集まって、移住でなくてもいい。例えば、半年間、農業や漁業を体験しながら、皆で料理を作って食べたり、陶芸をしたり...。もちろん医療機関とも提携を取って、60代70代になっても、こんなに楽しい人生があるんだ、そんな日々を送れるコミュニティを作ることが夢ですね。」

そう語る桑水流社長の目の輝きは、少年の様でもあった。
ところで、会社設立に大反対だった奥様は?

「いやぁ、今は諦めたというか、応援してくれていますよ。」

明るいサロンで、桑水流社長自ら淹れてくださった美味しいコーヒーからも、熟年・団塊パワーの熱い想いが伝わってきた。

㈱ドリーム・コミュニティ 
ヴィーナス ブライダルサロン&フォトスタジオは、カリーノ宮崎3階
電話 0985-35-5620

Categories

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ㈱ドリーム・コミュニティ 社長 桑水流 優 氏

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog-journal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/52

コメントする

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31